熊本海上保安部   ひのくにの海と灯台
           少しゆっくりして、海と灯台を眺めて見ませんか

   

    


 平成20年2月28日(木)

肥後延瀬灯浮標(昭和41年11月点灯)は天草下島北岸、通詞島の南西方   
にある。右側奥手に見えるのが七通瀬灯標(昭和42年3月点灯)。光り方は   
両者共にモールス符号光を採用、延瀬が赤光、七通瀬が緑光となっており、   
二江港(通詞島南東側)に入港する漁船は、両者の間を進入することになる。   
島の北側は早崎瀬戸、島原半島は指呼の間であり、普賢岳も目前にある。     
現在はイルカウォッチングが盛んだが、しばらく前までは、随分と漁業が   
盛んだったところである。                         
左端の風車は風力発電装置で、同島に2基あるうちの1基である。