業務紹介
 各課紹介管轄区域沿革行動哲学5つの使命保安署 

各課紹介 (管理課 警備救難課 交通課

管理課
総務係
海上保安部の窓口であり、海上保安業務に関する問い合わせ、海上保安官の募集などに関する業務を行っています。

渉外係
広報及び地域連携の業務、留置業務・犯罪被害者支援の業務、船艇・航空機の運航に必要な物品や燃料の調達などに関する業務を行っています。

施設管理係
庁舎の維持管理に関する業務を行っています。
広報活動


 
警備救難課

警備救難課
警備係
海上における秩序を維持するため、銃器・薬物等の密輸事犯などの海上における犯罪の予防と取締り、海洋汚染の監視取締り等の業務に当たっています。
小学校にて環境教室を開く海上保安官
救難係
海難発生時における、捜索・救助にかかる業務を行っています。また、油流出事故及び自然災害(火山爆発・地震、津波等)に備えた、各種訓練の実施及び海上での病人・負傷者が出た際の、洋上救急事案に対応するため、鹿児島航空基地と連携した訓練等を行っています。

その他、海難・人身事故防止を目的とした安全指導の一環として、小学校等への巡視船さつまの潜水士派遣、漁協等に対する海難防止講習会を実施しています。
  
高速船を使った訓練           小学校での安全教室



 交通課

交通課
業務・運用
鹿児島海上保安部では80基以上の灯台・電波標識等を管理しており、これらの航路標識を定期的に巡回点検しています。
また、海の安全情報をホームページ、音声案内により提供するシステム(MICS)も運用し、海上交通の安全確保に努めています。

安全係
平成19年度から港長業務窓口が警備救難課から交通課に移行されました。
港長業務とは、港則法に基づく特定港及び港則法適用港の港内又はその付近における船舶の運航や係留、海上での工事・作業や行事、危険物荷役などの港則法に基づく各種許認可業務を行い、港内における船舶交通の安全と港内の整頓を図ることです。
これらの事務は安全係が窓口となっており、その他、海難防止講習会や意見交換会等を開催し、海難防止活動も積極的に実施しています。


海難防止講習


保安部トップ 業務紹介トップ