トップ

業務紹介

巡視船・航空機

申請・届出

各課、保安署紹介
  管理課
  警備救難課
  交通課
  喜入海上保安署
  指宿海上保安署
  種子島海上保安署
  志布志海上保安署
管轄区域
鹿児島海上保安部沿革
海上保安庁5つの使命
組 織 図

各課、保安署紹介

管 理 課

総務係
 海上保安部の窓口であり、海上保安業務に関する問い合わせ、海上保安官の募集などに関する業務を行っています。

渉外係
 広報及び地域連携の業務、留置業務・犯罪被害者支援の業務、船艇・航空機の運航に必要な物品や燃料の調達などに関する業務を行っています。

施設管理係
 庁舎の維持管理に関する業務を行っています。
(広報活動)

警 備 救 難 課

警備係
 海上における秩序を維持するため、銃器・薬物等の密輸事犯などの海上における犯罪の予防と取締り、海洋汚染の監視取締り等の業務に当たっています。

救難係
 海難発生時における、捜索・救助にかかる業務を行っています。また、油流出事故及び自然災害(火山爆発・地震、津波等)に備えた、各種訓練の実施及び海上での病人・負傷者が出た際の、洋上救急事案に対応するため、鹿児島航空基地と連携した訓練等を行っています。

 その他、海難・人身事故防止を目的とした安全指導の一環として、小学校等への巡視船さつまの潜水士派遣、漁協等に対する海難防止講習会を実施しています。
高速船と合同で実施した訓練 小学校での安全教室

交 通 課

業務・運用
 鹿児島海上保安部では80基以上の灯台・電波標識等を管理しており、これらの航路標識を定期的に巡回点検しています。
また、海の安全情報をホームページ、音声案内により提供するシステム(海の安全情報)も運用し、海上交通の安全確保に努めています。

航行安全係
 平成19年度から港長業務窓口が警備救難課から交通課に移行されました。
港長業務とは、港則法に基づく特定港及び港則法適用港の港内又はその付近における船舶の運航や係留、海上での工事・作業や行事、危険物荷役などの港則法に基づく各種許認可業務を行い、港内における船舶交通の安全と港内の整頓を図ることです。
これらの事務は安全係が窓口となっており、その他、海難防止講習会や意見交換会等を開催し、海難防止活動も積極的に実施しています。
海難防止講習

喜入海上保安署

 喜入海上保安署が管轄する喜入港は、世界最大の原油中継備蓄基地の「新日本石油基地(株)喜入基地」を擁しています。
現在まで原油タンカーによる海難事故の発生はありませんが、喜入海上保安署では、安全対策としてタンカーの運航管理者及び乗組員に対し、見張りの励行 、漏油事故防止等の指導を行い、事故防止に万全を期しています。
また、入港する外航船等による密輸、密航事犯の水際防止及びテロ防止を図るため、随時各港湾を巡回し、沿岸海域の監視、通報体制の強化と早期の情報収集確立に努めています。
住所 〒891-0202
    鹿児島市喜入中名町1000の28
電話 099-345-0125

指宿海上保安署

 指宿海上保安署は管内各地域の状況を把握し、海上における治安の維持、船舶交通の安全確保、海難事故の未然防止等に努めています。
また、漂着ゴミ調査を兼ねた各地区の海岸清掃作業にも積極的に参加し、各自治体や次代を担う小学生等に対し、海洋環境保全思想の普及活動を行っています。
今後も機会あるごとに地域の行事等に積極的に参加し、広く一般の方々に対し、海上保安業務について理解を得られるよう努めていきます。
住所 〒891-0511
    指宿市山川福元6713
電話 0993-34-1000

種子島海上保安署

 種子島海上保安署の管轄区域は、鹿児島県重要港湾の西之表港及び国際海峡である大隅海峡、有人離島火山である口永良部島、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の種子島宇宙センターロケット発射場等があり、船舶交通の安全確保、自然災害に備えた訓練、海難事故の未然防止等に努めています。
また「地元から頼りにされる保安署」づくりを目指し、地元関係機関及び地域住民との緊密な関係構築、地域ニーズへの対応、外国船舶及び自然災害並びに海難等への対応による安全・安心の提供により、職員一同「地域密着」をスローガンに海上保安業務に取り組んでいます。
住所 〒891-3101
    西之表市西之表16314番地6
電話 0997-22-0118

志布志海上保安署

 志布志海上保安署は、中核国際港湾に指定されている志布志港や石油備蓄基地等を含む志布志湾を管轄しています。
志布志港は国際物流拠点として南九州一の多数の外航船舶が入港していることから、警察・税関と連携し密輸・密航事犯の取締りにあたるとともに、毎年、志布志港危機管理メンバー会合及び志布志港テロ対策訓練を実施し 、テロ対策における地元関係機関との緊密な連携強化を推進しています。
また、マリンレジャー活動が活発化し、これに伴う事故防止のため、海事関係者や愛好者に対し、ライフジャケット着用の重要性を訴え自己救命策確保等の啓発・普及等にも努めています。
そのほか台風接近時における湾外への早期避難の指導や窓口における安全指導、講習会、訪船指導等あらゆる機会をとらえ事故の未然防止及び安全運航等関係者の意識高揚に努めています。
住所 〒899-7103
    志布志市志布志町志布志3259
電話 0994-72-4999