別紙2

出前講座一覧

 

 

講座名

講座内容

海のなぞなぞ

海上保安庁では皆様からの海に関する色々な質問にお答えするために本庁及び管区海上保安本部に「海の相談室」を設けています。この講座では、皆様から寄せられた色々な質問とこれに対する回答例を紹介するとともに海洋情報部が所有する海洋情報や最先端の海洋観測技術などの紹介を行います。

海の地図の話

航海の安全に必要不可欠な海図について、その見方、使い方、海図の歴史(紙の海図から電子海図まで)について紹介するとともに、海の深さ・潮の高さの測り方から測ったデータを基に海図ができるまでをわかりやすくお話しします。

女性海上保安官のお仕事

海上保安庁は男の職場と思われがちですが、多くの女性が保安官として男性に負けない仕事をしています。本講座では現在、十管区本部に所属する女性保安官がこれまでに担当した仕事と入庁の動機、受験勉強、学校生活、巡視船勤務、結婚等について、その経験などお話しします。

南九州の海の流れ

九州南方から四国沖合を経て流れる黒潮や、月や太陽の引力で引き起こされる潮汐などについて、それぞれの特徴や世界の海の流れの話、最先端の観測手法、インターネットによる成果の公表などについてお話しします。また巡視船艇等による捜索救助活動などの海上保安業務への活用方策についても解説いたします。

海を科学する海洋情報部のお仕事

海洋情報部は戦前から主に海図の作成に携わってきました。現在は海図、電子海図の刊行のほか、高い海洋調査能力を用いて、大陸棚調査や地震予知、火山予知調査などにも取り組んでいます。本講座では海洋情報部の行っている様々な仕事について、要望に応じて詳しく紹介します。

薬物乱用防止教室

海上保安庁は、麻薬や覚せい剤などの違法薬物の蔓延を防ぐため、海上ルートでの薬物密輸事犯の摘発に全力で取り組んでいます。本講座では、薬物密輸の実態や、薬物の恐ろしさを分かり易くお話します。

海洋環境教室

海上保安庁は、海洋汚染の監視取締りや海洋環境保全思想の普及を行い、海洋環境の保全に努めています。本講座では、紙芝居等を用いるなどして、幼稚園、小・中学校等へ出向いて海洋環境保全の大切さを分かり易くお話します。