曽津高埼灯台(そつこうさき)   初点灯(最初に点灯した日) 明治29年11月1日
場 所 鹿児島県大島郡瀬戸内町(曽津高埼)  N28-15-17   E129-08-14
灯 質 単閃白光 毎15秒間に1閃光 光 源 メタルハライド電球 75W
光達距離 21.5海里(約40km) 明 弧 323度から233度まで
灯 高 平均水面上140m 光 度 実効光度 21万カンデラ
写 真  全景1       航空写真    灯台からの眺望1    
 奄美群島で一番古い灯台で、明治29年に台湾航路用の灯台として軍事費により建設されました。 当時の光源は石油を使用したもので、光度は、6500カンデラ。
 昭和20年に爆撃を受け灯台や建物に壊滅的打撃を被り、現在の灯台は、昭和63年に建て替えたものです。平成17年11月に商用電源から太陽電池を電源とする機械に交換、クリーンエネルギーを使用して地球温暖化対策を行いました。 
直線上に配置
曽津高埼灯台