名瀬港立神灯台(なぜこうたちがみ)  初点灯(最初に点灯した日) 昭和12年2月1日
場 所 鹿児島県名瀬市名瀬港(立神)  N28-24-30   E129-29-55
灯 質 群閃白光 毎6秒に2閃光 光 源 白熱電球
光達距離 8.5海里(約16km) 明 弧 全度
灯 高 平均水面上39m 光 度 実効光度 640カンデラ
写 真 全景    灯台からの眺望1         
 「ふねぬきゅり たぢがんぬうきから ふねぬきゅり わきゃかなやくめや ぬとうらんかや」
(船が来る 立神の沖から 船が来る 私の恋人は 乗っていないか) 島歌「いきゅんにゃかな」に名瀬港のシンボルとなっている立神が歌われています。また、新民謡の島育ちでもおなじみです。立神は、各地に多数ありますが、灯台が設置されている立神は珍しいでしょう。
直線上に配置
名瀬港立神灯台