※ 用語表記:気象庁表記による

                                                           風力階級表記:ビューフォート風力階級表による
英   語 日本語 風   速 風力階級
WARNING 海上風警報 28ノット以上34ノット未満
【13.9m/s以上17.2m/s未満】
GALE WARNING 海上強風警報 34ノット以上48ノット未満
【17.2m/s以上24.5m/s未満】
8〜9
STORM WARNING 海上暴風警報 台風による場合
48ノット以上64ノット未満
【24.5m/s以上32.7m/s未満】
10〜11
温帯低気圧による場合
48ノット以上【24.5m/s以上
TYPHOON WARNING 海上台風警報 台風による風が64ノット以上
【32.7m/s以上
12以上
英  語 日本語 解       説
FOG WARNING 海上濃霧警報  海上の視程がおおむね500m(瀬戸内海では1km)以下。
TSUNAMI ADVISORY 津波注意報  予想される津波の高さが高いところで0.2m以上、1m以下の場合であって、津波による災害のおそれがある場合に発表される。
TSUNAMI WARNING 津波警報  予想される津波の高さが高いところで1mを超え、3m以下の場合に発表される。
 MAJOR TSUNAMI WARNING  大津波警報  予想される津波の高さが高いところで3mを超える場合に発表される。
 重大な災害の危険性が著しく高まっている場合に発表される「特別警報」に位置づけられている。
ビューフォート風力階級  イギリスの海軍提督だったビューフォートが提唱した風力階級。
 風力を0から12までの13段階で表し、それに対応した海上の様子について表にまとめている。その後、階級に対応する風速が付け加えられるなど改良され、現在では風力の標準的な表現方法として世界気象機関に採用され、日本の気象庁でも使われている。
※世界気象機関(WMO)・・・世界各国の気象業務の連携や気象情報の効果的な交換を行うための国連の専門機関のひとつ