簡易標識・許可標識について

○航路標識について
航路標識は、「海上保安庁が設置するもの」及び、海上保安庁以外の者が自己の行う事業のために、海上保安庁長官の許可を受けて設置する「許可標識」に大別されますが、この他に許可標識の許可基準である施設・性能基準に満たない(一般に15カンデラ未満)「小規模な航路標識(簡易標識)があります。
○簡易標識について
「簡易標識」は小規模なため設置にあたり許可を必要としませんが、小規模であっても船舶運航者にとっては重要な航路標識となるため、設置にあたっては「標識の塗色・灯色・光り方」など目的に応じて適切に設置し管理する必要があります。
*詳しくはこちらをご覧下さい(簡易標識の正しい使い方)
※「簡易標識」を設置する時は、事前にご相談下さい。
 小規模な「簡易標識」であっても、船舶運航者から見た場合、「航路標識」となるため、ルールを無視した簡易標識の設置は、最悪の場合、船舶の安全航行を妨げかねません。

@「簡易標識」を設置しようとする場合は、設置場所の立地条件、標識の規格の選定等について、事前に七尾海上保安部(交通課)にご相談下さい。
設置後、簡易標識設置届を提出してください。

A設置後、簡易標識を正常に維持するために、障害時に対応できる予備品を備えるとともに、標識の監視体制の確保に努めてください。
※「簡易標識」の設置・変更の際には“設置届”等のご提出をお願いします。
 このような事から、七尾海上保安部では「簡易標識」の設置状況を把握するために、簡易標識を設置しようとする場合には設置届の提出をお願いしています。
 また、設置された簡易標識を「変更・廃止」する場合には、「変更届・廃止届」の提出をお願いしています。
簡易標識設置届に必要な書類は次のとおりです。
・設置位置図
・設置場所位置(北緯・東経)
・設置標識外観図(側面図 灯火の高さ記入)
・機器仕様(航路標識型式認定等添付)
○簡易標識「設置・変更・廃止届」はコチラからダウンロードできます。
PDF様式はこちらから            Word様式はこちらから
○許可標識について
海上の工事・作業区域、漁業施設、海上構造物などを標示するために設置する航路標識の規模や性能が、航路標識法(昭和24年法律第99条)に基づく運用基準に該当するときは、海上保安庁の許可を受けることとなります。
航路標識の種別
灯  台:陸岸や防波堤等に設置し、岬角や港口等を示す構造物
灯  標:岩礁や浅瀬等に設置し、危険な障害物があることを示す構造物
灯浮標:危険な障害物や航路を示す浮体構造物
橋梁灯:橋梁に設置し、その橋梁下の航路や可航幅を示すもの
航路標識法による許可を受けようとするときは、国土交通省令で定められている申請書類を最寄の海上保安部へ提出してください。
航路標識を設置する時の許可標識申請には、次のような書類が必要です。(航路標識法施行規則第1条)
・申請書
・理由書
・航路標識の設置位置及び付近の状況を示した図面
・航路標識を設置しようとする土地、水面及び建物についての使用権原を証する書類
・航路標識の全体を示した図面
・航路標識の機器の構成を示した図面
・告示要項書
・用品の調書
〜〜許可申請のご相談は、航路標識を設置しようとする期日の3ヶ月前を目途に行ってください。〜〜
 ※ 航路標識関連の手続きについては、交通課へお問合せ下さい。 (0767)53−7118