加佐岬灯台(かさみさきとうだい) 

位置

 所在地  石川県 加賀市 (加佐岬)
 北緯   36度21分05秒
 東経  136度18分00秒
 灯質(光り方)  群閃白光 毎13秒に3閃光
 光度(光の強さ)  実効光度8,300カンデラ
 光達距離(光の届く距離)  13.5海里(約25キロメートル)

高さ

 地上から頂部まで  14.91メートル
 海面から灯火まで  53.85メートル
 点灯年月日  1950年 4月25日

 加賀海岸のほぼ中央に突き出た高さ20〜30メートルの海食による断崖があり、この付近一帯は防風林で黒松が林立しております。

 無料駐車場そして松林には遊歩道が整備されております。

 この遊歩道をたどって生きますと加佐岬灯台があります。灯台のすぐ下に白色の岩肌を露出した岬があり、加賀海岸では最も日本海側に突き出しているため、ここからの雄大な眺めを楽しむことができますし、また、市民の憩いの場所となっています。

 この岬から1キロメートルのところに加賀地方で最も大きい橋立漁港があります。

 加佐岬灯台は沖を航行する一般船舶、また、橋立漁港に出入りする漁船の道しるべとして、重要な役目を果たしています。

 現在の灯台は、1984年11月に建て替えしたもので、普通、灯台と言えば円形のものを予想されるでしょうが、この灯台は四角形をしています。

《《前のページへ