生地鼻灯台(いくじはなとうだい) 

位置

 所在地  富山県 黒部市 (生地鼻)
 北緯   36度53分52秒
 東経  137度24分39秒
 灯質(光り方)  単閃白光 毎10秒に1閃光
 光度(光の強さ)  実効光度210,000カンデラ
 光達距離(光の届く距離)  16.5海里(約31キロメートル)

高さ

 地上から頂部まで  30.40メートル
 海面から灯火まで  32.72メートル
 点灯年月日  1951年 2月11日

 「黒四ダム」から「黒部渓谷」を経て日本海へ流れ入る急流黒部川、その河口に広がる扇状地に展開しているのが黒部市です。

 この黒部川河口の付近一帯が生地鼻といい、その一角に白地に黒横2本線を帯びた「生地鼻灯台」があります。この灯台は高さが約30メートルと富山県で最も高い灯台として昭和26年に設置されました。

 設置当時は、霧などがかかると音を発して灯台の位置を知らせ霧信号所がありましたが、昭和44年にその霧信号所のみ廃止されました。

《《前のページへ