AISを活用した航行援助システム
AIS運用イメージ

○AISとは
 AISAutomatic Identification System:船舶自動識別システム)とは、船舶が自船の情報(船名、船舶の大きさ、船舶の種類、位置、針路、速力等)を周囲の船舶や陸上局に継続的に発信し、他船から同様の動静情報を自動的に取得するもので、国土交通省令の船舶設備規程により船舶自動識別システムを装備しなければならない船舶が定められています。

【装備義務船舶】
   ・国際航海に従事する旅客船
   ・国際航海に従事する総トン数300t以上の船舶
   ・国際航海に従事しない総トン数500t以上の船舶(平成2071日から義務化)

○AISの活用
 海上保安庁では、これまで船舶交通量の多い港(東京湾、伊勢湾、名古屋港)や海峡(備讃瀬戸、来島、関門)にある海上交通センターに船舶自動識別装置から発信される動静情報を活用した航行支援システムを導入し、海域の船舶に安全情報の提供や航行支援を行ってきましたが、このシステムを我が国沿岸域に広げるため動静情報を受信する陸上局の整備などのシステム造りを進め、第九管区海上保安本部では、このシステムの運用を平成2071日から開始しました。

AISを活用した航行支援システム概要】
  このシステムはIT技術を用いており、陸上局で受信した情報から電子海図とともに船舶の位置、進路などを端末のモニター画面に表示させます。船舶通航信号所に設置された端末に様々な機能を付加することで、次のような情報の提供と航行支援を行い、海難の未然防止に活用します。
  
    1.衝突・乗揚げ予防のために
      船舶同士の異常接近や浅瀬への接近をシステムで自動検知し、注意喚起を行います。
2.走錨による海難予防のために
  船舶は荒天時に島陰などに錨をおろして嵐が過ぎるのを待つ避泊を行います。しかし、強風により流される走錨がしばしば起こります。走錨を自動検知して船舶に走錨を知らせ、他船の衝突や乗揚げの予防を行います。
3. 海域の情報提供
  気象・海象、津波、海上工事、航行制限といった船舶の安全な航行に必要な情報を提供します。

※情報の提供や航行支援は、海上保安官がモニター画面で船舶の動静を見ながら無線を使うか、船舶自動識別装置に短いメッセージを送信することで行います。

○AIS業務1年の状況及び分析
 AIS業務開始から1年が経過したことを契機に、1年間の業務の分析を行いました。 
  分析結果(pdf)はこちら