マリンレジャーでの注意事項

マリンレジャーを楽しむために

プレジャーボート・水上オートバイ

  • 無理のない計画をたてましょう!

    燃料・航程の計画はしっかりと。


  • 発航前に機関のチェックをしましょう!

    バッテリ端子の緩みはないか?フィルターの目詰まりはないか?などしっかり確認しましょう。


  • 最新の気象情報を入手しましょう!

    天気が悪くなりそうな時は、無理をしないで。


  • 携帯電話などの連絡手段を確保しましょう!

    携帯電話を防水パックに入れるなどの海水対策をしましょう。


  • ライフジャケットを着用しましょう!

    命をつなぐ切り札です。


  • 海水浴場や遊泳者の近くを走らないようにしましょう!

    遊泳者に配慮した航行を心がけましょう。


  • 海の緊急電話118番を活用しましょう!

    「海のもしもは118番」とおぼえてください。

     
  • 河口付近の磯波に注意!

釣り

  • ライフジャケットの常時着用

    磯、防波堤、船上など海中転落の危険がある場所では、ライフジャケットを常時着用しましょう。


  • 携帯電話等の適切な連絡手段の確保

    防水パックに入れた携帯電話等適切な連絡手段を確保しましょう。


  • 緊急通報用電話番号「118番」の有効活用

    通報を受けた海上保安庁は、他の救助機関と連携して救助に向かいます。


海水浴

  • お酒を飲んだら泳がない!

    お酒飲んで海に入りおぼれる人が多くなっています。絶対にやめましょう。


  • 疲れているときや、寝不足等体調不良での遊泳はしない!

    疲労のときに遊泳していての事故が多発しています、疲れを感じたら海に入るのをやめましょう。


  • 子供から目を離さない!

    小さな波でも子供は足をすくわれることがあります。けして子供から目を離さないようにしましょう。


  • 海中の見えない深みに注意しましょう!

    波打ち際のすぐそばでも急に深くなっているところがあります。


  • 風に流されないように注意しましょう!

    浮き輪やゴムボートは予想以上に風に吹かれて流されます。風向きや風の強さに注意しましょう。


  • 離岸流に注意しましょう!

    海岸では沖に向かって強い流れが起こることがあります。


  • 導流堤や消波ブロックなどの周辺では注意しましょう!

    導流堤や消波ブロックなどの周辺では、複雑な流れになっています。


  • 河口域では注意しましょう!

    河口域は複雑な流れになっています。

スキューバ・ダイビング

  • 気象・海象の把握

     海潮流の状況等を把握しましょう。


  • 安全な潜水計画の立案

     緊急時の対応なども含めた安全な潜水計画を立案し、実施しましょう。


  • 十分な打合せの実施

     ダイバー及び監視者は、予め、入水・浮上時間、緊急時の対応及び安全留意事項等に関して十分な打ち合わせを行いましょう。


  • ダイビング実施前の確認

     ダイビング実施前には、インストラクター、ガイド及びダイビング実施者間において、器材の取扱い、ダイビングポイントの状況等について確認しましょう。


  • バディーを組む

     必ずバディーを組み、常に異常の有無を確認し合い、不測の場合における対処方法等についても確認し、冷静に行動しましょう。


  • 遭難に備える

     ダイバーは、万一漂流した場合に備え、フロート、発光信号及び音響信号等の装備を携帯し、また、ダイビングボートには、無線設備、携帯電話等、陸上との連絡手段を確保しましょう。


  • ダイバーの監視

     ダイビングボートによるダイバーの監視は、事故を防止する上で重要な要素の一つであることから、ダイビングの形態に応じて、操船者に加え、専従の監視員を配置しましょう。


  • ダイビングサービス提供者による安全確認

     ダイビングショップ等ダイビングサービス提供者は、ダイバーの潜水計画を把握し、予定時刻になっても帰投しなかった場合には、予め設定した連絡手段により、ダイバーの安全を確認しましょう。