観天望気(天気のことわざ)

あまり聞き慣れない言葉ですが、「夕焼けになれば明日は晴れ」とか「カエルが鳴くと雨」などという言葉は、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。このような自然界の現象をもとに昔から言われている天気を占うことわざを観天望気と言います。

昔から天気のことわざはいろいろ言われていますが、その中でも主なものを県別にまとめてみました。

新潟県

  • 弥彦・角田の山に白雲がかかる時はすぐに雨
  • 朝の雷、船乗り警戒
  • 粟島が小さく見える後は北風が吹く
  • うねり、遠方の暴風
  • 西が曇ると雨、東が曇ると風(山北地方)
  • カモメが高く飛ぶと明日は時化(しけ)る(岩船地方)
  • 夕焼けは明日の天気、朝焼けは今日の雨(粟島地方)
  • 弥彦山が隠れれば雨(新潟地方)
  • 弥彦山に雲がかかると雨が近い(出雲崎地方)
  • 西空の夕日良ければ明日は凪(なぎ)、ハケではいたような夏雲が米山の東にかかれば時化になる(柏崎地方)
  • 能登が夕方くっきり見えると翌日の天気は下り坂(筒石地方)
  • たびたびの雷は1から2日後に東よりの風(佐渡地方)

富山県

  • 海水が黒色だったら風が強く吹く
  • 夜西の空に稲光が見えたら高波を伴う突風が吹く
  • 灯台の火が明るく見えるときは沖合いに強い風が吹いている
  • 夏富山方面から佐渡沖の水平線に入道雲が巻き上がって見える時は風が吹く
  • 佐渡沖を入道雲で包むときは1週間北東の風が吹く(宮崎地方)
  • 朝方山に朝焼けがかかったら風が吹く、伏木方面の山がハッキリ見えたら風が吹く(入善地方)
  • 中能登の石動山から二上山にかけての山がハッキリ見えたら南西の風が吹く、富山地方に花雲が出ると直ぐ突風が吹く(魚津地方)
  • 夏富山方面から佐渡沖の水平線に入道雲が巻き上がって見えるときは必ず風が吹く、立山連峰の山が近くに見えたら南風が吹く(滑川地方)

石川県

  • カモメが水面に浮かび、水中に頭をつけると雨若しくは風が吹く
  • 雲津鼻が浮島のように見えたら北東の風が吹き、佐渡が浮島のように見えたら南東か東風が吹く
  • あえ(北西の風)の朝なぎ、くだり(南西の風)の夕なぎ
  • 秋になって、夜明け西の空が光ったら気をつけろ
  • 能登島の上空に入道雲が見えたときは南東の強風、立山がハッキリ浮かぶように見えるときは天気は安定し凪(なぎ)が続く(七尾地方)
  • 朝方南西の風、昼頃北風になると天気が良くなる(金沢地方)