島根県浜田港沖、漁船無人漂流(6月)

概要

未明に島根県五十猛漁港から出漁した1名乗組みの一本釣り漁船が、帰港予定時刻を過ぎても帰らないことから、当庁に通報がありました。

同日夕方、捜索中の僚船により無人で漂流中の同漁船が発見されましたが、船長の姿は無く、海中転落したものと考えられます。

その後捜索が続いていますが船長は発見されていません。

事故防止のポイント 


操業中もライフジャケットを着用の上、不意の船体動揺に注意するとともに、万一海中転落しても、再乗船できるよう縄梯子等の備えが必要です。

自己救命策3つの基本の確保

(「ライフジャケットの着用」「連絡手段等の確保」「海のもしもは118番」)