浜田港北方、漁船絡索事故(3月)

概要

午後11時30分頃、漁船(約6トン)が航走中に漂流ロープをスクリューに巻き込み航行不能となりました。
同船からの118番通報によって、巡視艇やなかぜにより曳航救助しました。
 

事故防止のポイント


漂流ロープは発見しづらいものですが、できる限り見張りを徹底することが大切です。