美保関町、漁船転覆(2月)

概要

早朝に出漁した1人乗り小型漁船と連絡が取れなくなったと所属漁協から当庁へ通報がありました。

同日夕方、捜索中の当庁ヘリコプターが美保関町津ノ和鼻付近の岩場で転覆状態の漁船を発見しました。

船長は3日後に、捜索に当たっていた関係者により、船体発見場所付近の海上で発見されましたが、死亡が確認されました。 

事故防止のポイント


気象海象に注意し、荒天が予想される場合は、早めの帰港を心がける。

自己救命策3つの基本の確保

(「ライフジャケットの着用」「連絡手段等の確保」「海のもしもは118番」)