副振動に注意!
 副振動とは、日々繰り返す満潮・干潮の潮位の変化を主振動として、それ以外の潮位の振動に対して名づけられたもので、湾・海峡や港湾など陸や堤防に囲まれた海域等で観測される周期数分から数十分程度の海面の昇降現象です。
 全国各地で、過去に小型船の転覆・乗揚げ・浸水、係留索や養殖筏のアンカーロープ切断、海岸及び河口付近の低地での浸水などの被害も発生しています。
 港湾内の船舶や海上係留物並びに沿岸部での海洋レジャー等で、海難に遭う危険性もあるため注意しましょう。
 副振動により乗揚げた船舶と転覆した船舶 (浜田港外ノ浦地区)
 上図は平成21年7月15日浜田港で観測された潮汐曲線(潮位の変化)と気圧の変化です。
 短時間に最大で約90cm潮位の変化があります。 リアルタイム験潮データ

 情報については気象庁から発表される府県気象情報等を参考にして下さい。 府県気象情報:島根県