年末年始特別警戒及び安全指導


 海上保安庁では、年末年始にかけて海上輸送が活発化することから、船舶交通の安全確保、犯罪及びテロの防止を図るため、平成26年12月10日から平成27年1月10日までの間、年末年始特別警戒及び安全指導を実施します。
 それを受け浜田海上保安部では以下のとおり実施いたします。

 これは、海上保安庁が国土交通省の実施する年末年始の輸送等に関する安全総点検に併せて実施するものです。

(1) 関係機関と連携した海難防止講習会
 ○ 13日に船員災害防止協会(事務局:島根運輸支局)
 ○ 17日に島根運輸支局
 と連携し管内漁業者を対象とした海難防止講習会を実施します。

(2) 海事関係者に対する呼びかけ
  重点対象船舶の乗員、JFしまね各支所、遊漁船登録業者及び山陰西部地区海洋レジャー安全対策連絡協議会等の海事関係者に対し海難防止等のために次の事項を呼びかけます。
 ○ 携帯電話等の連絡手段確保
 ○ 118番の周知
 ○ 救命胴衣の常時着用
 ○ 厳重な見張りの実施と適切な操船の徹底
 ○ 出港前(発航前)点検の実施
 ○ 気象海象情報の入手と適切な活用
 ○ 雪及び荒天による係留船の浸水・沈没防止策(陸揚げ、重量物撤去等)の実施
 ○ 飲酒運航の防止
 ○ 乗船者の海中転落事故防止の徹底
 ○ 漁船乗組員の人身事故防止の徹底
 ○ 不審事象の認知時及び事件・事故の発生時における当庁への通報体制の確保
  及び通報の徹底

(3) 釣り人に対する呼びかけ
  管内に所在する岸壁、防波堤及び釣り人がいる磯場において、釣り人に対し、事故防止等のため、リーフレットを配布のうえ次の事項を呼びかけます。
 ○ 携帯電話等の連絡手段確保
 ○ 118番の周知
 ○ 救命胴衣の常時着用
 ○ 気象海象情報の入手と適切な活用
 ○ 岸壁で釣りをする場合、救命設備及び岸壁はしごの設置状況確認
 ○ 複数名での釣りを推奨
 ○ 不審事象の認知時及び事件・事故の発生時における当庁への通報体制の確保
  及び通報の徹底