【投稿者】 屋宜 隆
妙見埼灯台きれいになりました。

若松北海岸の景勝地「妙見埼(通称:遠見ケ鼻)」は、美しい海岸線と岬をめぐる遊歩道、そして夕陽の美しさが、訪れる市民、観光客に愛されています。

その妙見埼に建つ灯台は若松海上保安部が管理していますが、永年航海の安全を支えている灯台は老朽化が目立ち、梯子の錆が外壁タイルも茶色に染め、美しい景観へのマイナスイメージを心配していました。

3月24日、第七管区海上保安本部は、当部の灯台改修要望をうけ、錆びて灯台の点検に危険な梯子などの金物類をステンレス製に取替え、また汚れた外壁の洗浄を行い、沖行く船に真っ白な灯台の存在を強くアピールする妙見埼灯台を蘇らせました。

これからも多くの方が当地を訪れ、きれいになった灯台をバックに記念撮影をし、良き日の思い出の一ページを飾ることを願い、保守管理に努めていきます。

※灯台の上部にあるのは風向風速計で、昨年12月1日から、灯台で観測した風向風速を24時間・30分ごとに更新して、このホームページ「気象の現状サイト」・携帯電話サイト・テレホンサービスで提供し、安全な航海や海のレジャーなどに利用されています。

ホームページ掲載サイト

携帯電話サイト


テレホンサービス電話番号
093−751−9177


きれいになった妙見埼灯台


改修前の妙見埼灯台