JCG 第七管区海上保安本部
7th Regional Coast Guard Headquarters
交通アクセスサイトマップご意見・お問合せQ&Aモバイル版
サイト内検索

第七管区海上保安部トップページ5つの使命第七管区海上保安本部について契約情報データ・資料
採用情報
トップページ > 採用情報

海上保安官になるには


海上保安庁の教育機関である 海上保安大学校・海上保安学校の採用試験に合格し、学生として海上保安官になるための教育を受けたのち、各部署に配属されます。
  また、海技免状等の受有者を対象に採用試験を行い、海上保安学校門司分校において必要な研修を受けたのち、海上保安官となる道もあります。


海上保安庁の職員は、海上での厳しい環境の中で複雑多岐にわたる困難な業務を遂行しなければなりません。このため、海上保安官としての自覚と、業務遂行に必要な専門的知識・技能の修得、そして気力・体力の向上を図るため、海上保安大学校及び海上保安学校を設置し、全寮制のもとで教育訓練を行っています。 うみまる


海上保安大学校(広島県呉市)

海上保安庁の幹部職員を養成する
海上保安大学校は、将来、海上保安庁の幹部となる者を養成する教育機関です。教育期間は、本科4年と専攻科6カ月の計4年6カ月で、海上保安業務の遂行に必要な高度の学術・技能を身に付けるための教育、心身の練成を図るための訓練を受けています。本科の教育内容は、大学設置基準に準ずるものとなっており、卒業時に学位が授与されるほか、司法試験の一次試験が免除されます。卒業後は専攻科へ進み、遠洋航海などにより、実務に必要な知識技能を修得します。


海上保安学校(京都府舞鶴市)

エキスパートを養成する
海上保安学校は、海上保安庁の職員として採用された学生に対し、海上保安業務に必要な技術や技能を教授し、あわせて心身の練成を図っています。卒業後の業務に応じて4課程3コースを設け、実践的な授業で各分野のエキスパートを育てており、教育期間は、課程により1年と2年に分かれています。
また、将来、主に運用管制官となる職員を育成する「管制課程(教育期間は2年)」の受験受付を平成29年度から新たに開始します。(学生募集ポスターリーフレットはこちら)


海上保安学校門司分校(福岡県北九州市

海上保安学校門司分校は、海技免状等の資格を有する新規採用者に対し、海上保安官としての必要な知識、技能を教授し、あわせて心身の練成を図るため、約6ヵ月間の初任者研修を実施しています。


海上保安学校宮城分校

海上保安学校宮城分校は、海上保安庁の航空要員を養成するための研修施設です。海上保安学校航空課程の卒業生のほか、現場で活躍している航空要員に対し、資格取得や技能向上のための研修を実施しています。


受験時期・試験詳細等


-学生採用試験の詳しい内容については、最寄りの海上保安部署又は海上保安庁総務部
  教育訓練管理官にお問い合わせいただくか、⇒海上保安庁ホームページ内の採用情報
  ご覧下さい。                                                 

-有資格者採用の詳しい内容については、最寄りの海上保安本部又は海上保安庁総務部
  人事課任用係にお問い合わせいただくか、⇒海上保安庁ホームページ内の採用情報をご
  覧下さい。                                                   



お問合せ先


第七管区海上保安本部人事課
〒801-8507
福岡県北九州市門司区西海岸1-3-10
TEL:093-321-2931(代表)


採用情報

関連リンク

お問合せ





このページのトップへ