肥前端島灯台

肥前端島の歴史

 昭和50年12月29日 初点灯

 昭和63年 9月13日 灯質変更、灯器をLD管制器U型に改良

 平成10年12月17日 鉄の灯塔からFRPの灯塔へ改良



肥前端島の位置


 肥前端島は通称「軍艦島」とも呼ばれており、長崎港沖合15キロメートルに浮かぶ、周囲約1.2キロメートルの小さな島です。この
島の中央より南西側の小高いところにFRP製の白い灯台があります。この灯台が肥前端島灯台です。


肥前端島灯台とは

 肥前端島は、良質の石炭が採れることから採掘のため周囲が埋め立てられ、鉄筋コンクリート造りの集合住宅が建設された。最盛期
には5000人を超える人々がこの島で生活していましたが、石炭産業の衰退に伴い炭坑が昭和49年1月に閉山され、その年の4月ま
でに全島民が島を離れ無人島となりました。
 島で人々が生活していた当時は、炭坑からも民家からも明かりが灯り、航海者にとってはそれらの明かりで、自船の位置や島の位置
を確認することが出来たのでしょうが、炭坑が閉山され全島民が島から離れると、島全体が真っ暗闇となり、非常に危険な障害物になっ
たことと想像されます。このようなことから、昭和50年12月に灯台が建設され現在に至っています。

端島の航空写真