JCG 第七管区海上保安本部
7th Regional Coast Guard Headquarters
交通アクセスサイトマップご意見・お問合せQ&Aモバイル版
サイト内検索

第七管区海上保安部トップページ5つの使命第七管区海上保安本部について契約情報データ・資料
海上防災・海洋環境の保全
トップページ海上保安庁5つの使命 > 海上防災・海洋環境の保全

災害に迅速に対応し、美しい海洋環境を守るための活動を行っています。



高粘度油対応型油回収装置
大規模な油や有害危険物質の排出事故、船舶火災が発生した場合の被害の拡大を防ぐための迅速な対応。地震や津波などで陸路が寸断された際に欠かせない、海上からの救助・救援活動。海上保安庁では、事故災害、自然災害の発生に常に備えています。
また、海洋汚染の未然防止のため海洋汚染発生状況の把握、汚染源の特定等による新たな汚染の防止、海洋環境保全の指導・啓発活動を行い、海洋環境の保全に努めています。


海上防災


海上災害と防災対策

当管区には原油、LPG、LNG、ケミカル類の基地が点在し、これらの危険物が船舶により大量に輸送されています。また、危険物積載船舶による衝突、乗揚げ等の海難は、大量の油の流出、海上火災あるいは爆発などの大きな海上災害になる恐れがあり、日頃から万全の対策を講じておく必要があります。
このため、管内11地区に所在する排出油防除に関する協議会の活動海域の広域化を推進するとともに、各自治体など関係機関との合同訓練を実施するなど、官民一体となった油防除に関する協力体制の構築に努めています。
また、大規模な自然災害が発生した場合、地方公共団体その他関係機関と密接な連携のもと巡視船艇・航空機を出動させ、被災者の救出、人員・救援物資の緊急輸送などの災害応急活動を行います。

 浮流油を回収する巡視船
    関連機関との合同訓練     博多湾衝突沈没した船舶付近浮流油


海洋環境の保全


当管区の海岸線は総延長6千Kmに及びその大部分が優れた自然の景勝地として自然公園に指定されています。
これらの美しい自然環境を守るため、巡視船艇・航空機により船舶からの油の違法排出、臨海工場からの汚水の違法排出、廃船・廃棄物の違法投棄といった、悪質な海洋環境事犯に対して監視取締りを強化し、海洋環境の保全に努めています。
また、海岸に漂着する大量のゴミによる汚染が社会問題となっていますが、漂着ゴミの大半は、日常生活で発生するペットボトルやビニール袋等のプラスチック類及び発砲スチロールが占めている状況です。このため、管区各地で活躍している海上保安協力員や各地の小中学生の協力を得て、パンフレット、リーフレットの配布や海岸漂着ゴミ分類調査を開催するほか、海洋汚染防止のための環境パネル展示や若年層に対する海洋環境保全教室などを通じ、一般市民に対する海洋環境保全思想の普及・啓発活動を積極的に推進しています。



油を排出しながら航行する貨物船
 
     海洋環境保全教室            各地の漂着ゴミ分類調査


海洋環境保全のための取り締まり・調査

21世紀は環境の世紀と言われ、国の内外で環境に対する意識が高まってきています。
私たちは、「未来に残そう青い海」をスローガンに

ゴミのない海岸線

安心して泳げるきれいな海

海中散歩も楽しめる透明度の高い海

さわやかな磯の香り

潮騒に耳を傾け安らぎを得られる静かな海を取り戻し、次世代に残すこと

を目標としています。




九州北部・山口西部地区海岸漂着ゴミマップ
平成25年九州北部・山口西部地区海岸漂着ゴミマップ
(PDF版)_865KB

各地区海岸の漂着ゴミ分類調査結果を掲載しています

海洋環境レポート
海洋環境レポート(平成26年3月)(PDF版)_6,942KB

海洋汚染の現状、廃棄物の海洋投棄の現状、海上環境事犯監視の現状及び海洋環境保全啓発活動の現状について掲載しています


海上防災・海洋環境の保全


組織情報

関連情報


このページのトップへ





図画コンクール
過去の審査結果
平成25年度 第14回
平成24年度 第13回
平成23年度 第12回
平成22年度 第11回
平成21年度 第10回

海洋環境レポート
過去のレポート
・平成25年版海洋環境レポート
平成24年版海洋環境レポート
平成23年版海洋環境レポート

九州北部・山口ごみマップ
過去の調査結果
平成24年漂着ゴミ分類調査
平成23年漂着ゴミ分類調査


トピックス











このページのトップへ