JCG 第七管区海上保安本部
7th Regional Coast Guard Headquarters
交通アクセスサイトマップご意見・お問合せQ&Aモバイル版
サイト内検索

トップページ5つの使命第七管区海上保安本部について契約情報データ・資料
第七管区海上保安部について
トップページ > 第七管区海上保安本部について

女島灯台第七管区海上保安本部は、本部を北九州市門司区に置き、福岡、佐賀、長崎、大分の各県と山口県西部を管轄し、それらに接続する日本海西部及び東シナ海を担任海域としています。

本部の事務所として、
海上保安部 10、海上保安署 10、 分室2、
海上交通センター 1、航空基地 1、を置き、
管内全域に巡視船艇62隻、測量船1隻、灯台見回り船2隻及び中型飛行機2機、
中型ヘリコプター3機を配備し、
職員総数約1,500人で海上保安業務を行なっています。


 組織の基本情報



総合訓練、栗の上礁、一般航海
■ロゴマーク

JCGロゴ 海上保安庁の英文名称「Japan Coast Guard」の頭文字を、その色は厳しい環境の中で、使命感・正義感に燃えて業務の遂行に当たる海上保安官の情熱を「赤」で表現したものの上にJCGを表現することで、海上保安官が激動を続ける社会情勢や環境の変化に的確に対応し、使命を遂行する姿を表現しています。
5つの波の形は、海上保安庁の5つの使命である、治安の維持、海上交通の安全確保、海難の救助、海上防災・海洋環境保全、国内外機関との連携・協力と、それに加え常に変化する国内外の諸情勢も意味しています。

■S字マーク

S字マーク 海上保安庁の使命であるSafety、Search and rescue、SurveyとモットーであるSpeed、Smart、Serviceのそれぞれの頭文字である“S”を図案化したもので、巡視船や航空機に紺色で描いています。


■コンパスマーク

コンパスマーク 安全な航海の道しるべであるコンパスを図案化したもので、海上の安全を担う海上保安庁のシンボルとして、庁旗などに用います。


■イメージキャラクター うみまる うーみん

うみまるとうーみん 国民の皆様により一層親しまれ、愛される海上保安庁とするため、明るくさやわかで、親しみのあるタテゴトアザラシの子供をモチーフとしたキャラクターとして、「うみまる(兄)」「うーみん(妹)」が活動しています。どうぞよろしくお願いします。


-
組織情報


関連情報
海上保安友の会
海上保安友の会は、海と船が大好きな人が集い、海上保安庁の仕事について理解を深めるとともに、会員相互や海上保安官との交流を通じ親睦を深めることを目的として昭和63年4月に設立されました。
今では、会員総数は約8,000人に達し、全国37の支部ごとに活動を展開しています。
入会をご希望される方は、最寄りの管区海上保安本部総務課にお問い合わせください。

このページのトップへ