プレジャーボートを楽しむために


● 小型船舶船長の遵守事項                 

 〇酒酔い操縦などの禁止
 〇免許所有者の自己操縦
 〇危険操縦の禁止
 〇ライフジャケットなどの着用
 〇発航前点検の実施
 〇見張りの実施
 〇事故時の人命救助

● 出航前のチェック!

〇天気を調べよう!
・警報、注意報が発令されているときは危険ですので、出航を中止しましょう。
・海上保安庁では、MICSで気象情報を提供しています。
・スマートフォンから利用できるMICSスマートフォン用サイトを利用すると便利です。
潮汐カレンダーを利用して、干潮時刻・満潮時刻のおおよその時間を覚えておきましょう。

〇連絡手段や、自船の位置を把握するGPS等の航海計器を準備していますか?
・防水型携帯電話(防水パック等)や無線機など連絡を取る手段を確保しましょう。また、海の上では自分の位置を見失いがちです。GPS等により自船の位置の把握にも努めましょう。

〇法定書類・法定備品は用意しましたか?
・船を運航するために必要な免許証や車検証と同じ物です。資格を持っていない場合はもちろんのこと、船に積み込んでいない場合も、違反になり処罰の対象となります。しっかりと、準備してください。

〇船体、機関の点検は行いましたか?
・定期的な検査を受検していることは勿論ですが、再度しっかり出航前点検をしておきましょう。エンジンが故障して、漂流するケースが多くありますので、十分に注意しましょう。

● 出航中は

〇見張りをしっかりしましょう。
・海に出ているのはあなた方だけではありません。あんなに広い海の上でも何故か衝突してしまうのです。自分たちだけが海に出ているわけではありません。広いから大丈夫などと過信せずに見張りをしっかり行いましょう。

〇海上での交通ルールを守っていますか?
・海上衝突予防法・海上交通安全法・港則法などの海上交通ルールを守りましょう。 また、工事や作業が行われている区域には入らないように注意しましょう。情報は、MICS航行安全情報で確認できます。

〇気象の変化に注意!
・海の上は、障害物がないため陸上より風が強く吹きます。また、近くは天気が良くても遥か沖の方では非常に天気が悪いかもしれません。風が強くなってきたな。波が高くなってきたなと感じたら、「まだ大丈夫!」などと思わずに早めに帰港しましょう。
・海上保安庁では、MICSで気象情報を提供しています。
・スマートフォンから利用できるMICSスマートフォン用サイトを利用すると便利です。

ライフジャケットの着用
・船に乗る方々はライフジャケットを着用していますか?船の上は、水で濡れ滑りやすい状況ですし、波風もあります。また海面から船まで上がるのも大変です。海は深いのが当たり前です。万が一に備え、ライフジャケットを着用しましょう。