釣り中における事故防止について
〜安全に釣りを楽しむうえでのチェックポイント〜 
  釣り中の事故は,岸壁又は防波堤から誤って海中に転落し,死亡してしまう事例が多く原因としては、

  ・足場の悪いところが多く,滑りやくなっている
    (防波堤上は,晴天であっても,波がかぶって滑りやすくなっていることもあります。)
  ・岸壁上はビット,係留索などの障害物が多く,つまずいてしまう
  ・夜間は照明設備がないため,足元が見えない等があります。
   
   これらの事故を防止するためには,まず,釣り場の地形や状況に注意し,足元には十分気をつける
  ことが大切です。

   その他,次の事項に注意して楽しく安全に釣りを楽しんでください。
 
         
●岸壁・防波堤での釣り
チェック1 自己救命策確保の励行(自分の命を守る3つのポイント)

  自己救命策確保とは・・・

  【その1】まずは浮くこと! 「ライフジャケットの常時着用」

    万が一,海中に転落した場合,海に浮いていることが大切です。
    浮力を確保するため,必ずライフジャケットを着用しましょう。

  【その2】そして救助要請! 「携帯電話等の連絡手段の確保」

    万が一に備え,防水タイプ又は防水パックに入れた携帯電話を携行しましょう。
    速やかな救助要請は,速やかな救助につながります。

  【その3】通報先は118番! 「118番の有効活用」

    海で事故に遭ったり,事故を知ったときは,直ちに「118番」に救助を要請しましょう。
 
チェック2 気象・海象に注意
  
  海では天候が急変することがあります。
  最新の気象情報で天候を確認し,荒天が予想される場合は出発を中止しましょう。

  また,常に海上模様や雲の動きに注意し,海が荒れる前に釣りを中止する勇気も必要です。
  ちょっとした無理が命取りになります。

  海上保安庁では,インターネット・携帯電話等によりリアルタイムで気象情報が入手できる
 沿岸域情報提供システム(MICS:ミックス)を運用しておりますので活用してください。
  くわしくは,玉野海上保安部のホームページにアクセスしてください。
 
チェック3 単独行動はダメ
  
  海では何が起こるかわかりません。
  万が一に備えて単独行動を避け,複数の人数で行動し,お互いに確認し合う様にしてください。
  複数で行動していた場合,同行者による迅速な救助要請によって,無事に救助された事例も
 たくさんあります。

チェック4 釣り場や帰宅時間等の予定を家族に伝える。
 
  万が一の事故で,家族等と連絡が取れない状況になっても,家族から関係機関に通報すること
 により,早い時期に捜索場所が限定され,効果的な捜索・救助活動が行えることになります。
  
チェック5 その他の注意事項
  ・立入が禁止されている場所での釣りは絶対にやめましょう。

  ・夜間に釣りを行う場合は,懐中電灯などの照明を必ず持参しましょう。

  ・漁業活動や船舶の航行を妨げないよう注意しましょう。

  ・ごみはポイ捨てせずに必ず持ち帰りましょう。

  ・電線の下を通る時は,感電の恐れがありますので,竿を折りたたんでから通りましょう。
 


         
●船での釣り
  岸壁・防波堤でのつりの注意に加えて

  ・海に出る前に、気象情報及び潮流、のり網、浅瀬などの海域の情報収集を行いましょう。

  ・釣り中も周囲に気を配り、接近する船舶があったら、早めに回避するなどの措置を取りましょう。

  ・出発前に、家族やマリーナ等に行き先や航海計画、帰宅時間等の情報を伝えておきましょう。

  ・気象の変化に注意し、天候の悪化が予想される場合は、早めに帰港しましょう。
 
肝心なのは「大切な自分の命は自分で守る」ことです。
ルールとマナーを守って安全に釣りを楽しみましょう!
 
 知ってますか?

 【ライフジャケットの有効性】
   平成17〜26年の全国における釣り中の事故において
    
    ライフジャケット着用者の生存率は69%,非着用者の生存率は48%でした。