直島水道における航法   
   第六管区海上保安本部は、船舶の航行の安全を図るため、直島と葛島間を通過する船舶は「直島北西方灯浮標」を左舷側に見て航行するよう指導しています。   
        (一般的注意事項)
1 葛島と荒神島間を東航する船舶は、安全で実行に適する限り、荒神島北西端側に寄って航行すること。

2 直島北西方灯浮標付近においては、できる限り、他の船舶を追越さないこと。
3 宇野港から東航する船舶の動向に注意すること。
 
 
   周辺海域図   
     
   周辺海域拡大図   
   
   戻る