保安部組織・沿革  
 
 1.沿革
  昭和23年 5月 1日  広島海上保安本部玉野海上保安署として発足
  昭和23年 7月16日  宇野港長事務所設置
  昭和25年 6月 1日  玉野海上保安部に昇格(宇野港長事務所廃止、統合)
  昭和36年12月 1日  玉野海上保安部水島分室設置(39年6月1日保安署に昇格)
  昭和46年 4月 1日  玉野港湾合同庁舎入居
  平成16年 4月 1日  片上航路標識事務所を統合し、航行援助センターを設置
  平成19年 4月 1日  玉野海上保安部交通課設置(航行援助センター廃止)

 .組織(業務概要説明)
     第六管区海上保安本部配置図

      玉野海上保安部組織

(管理課)
 ・総合窓口業務・広報・学生募集
 ・職員の服務・給与・福利厚生
 ・国有財産、物品管理及び補給事務など
(警備救難課)
 ・海上における犯罪捜査、法令違反の防止
 ・海難救助、天災地変に関する援助
 ・海洋汚染の監視及び調査、海洋環境の保全
(交通課)
 ・航路標識(灯台、灯浮標)の保守管理
 ・一般の人が設置する航路標識の許可事務
 ・MICS(沿岸域情報提供システム)業務などの情報提供
 ・海上交通の安全に関する事務
 ・海上工事作業届、船舶の入出港届等の港長業務