保安部業務紹介   
   

1 治安の確保

 

 海上では、国内外の犯罪組織が関与する密輸・密航等の我が国の治安や私たちの安全を脅かす様々な犯罪が発生しています。
 玉野海上保安部管内においても、検査を受けていない船舶を航行させる無検査航行などの船舶の安全確保を無視した犯罪や、漁業資源が減少するなか、適切な資源管理を行うためのルールを無視した水産資源の乱獲により、漁業者の生活を脅かす悪質な密漁事犯などの取締りを実施しています。
 また、過去に大量密航事件、不法入国事件、覚せい剤密輸入事件などの犯罪が発生していることから、密輸・密航の水際で阻止するため、警察、税関等の関係機関との連携を密にして、監視、取り締まりを実施しています。

 この他、テロ対策についても、警察、税関、港湾管理者等の関係機関と連携協力をし、保安対策・テロ訓練等を推進するとともに、管内には多くの定期旅客船等が就航していることから、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始等の旅客の移動が活発になる時期には、人が多く集まる旅客ターミナル等において重点的な警備を実施するほか、事業者における自主警戒の徹底につき周知・指導を行っています。

 
 
2 生命を救う  

 釣り人等のマリンレジャー愛好者に対し海の危険性や自己救命策の確保の必要性について周知・啓発を実施し海難の未然防止に努めるとともに、船舶の衝突、浅瀬や漁業施設への乗揚げ等の事故が発生した際には、迅速的確な救助活動を実施するなど、尊い人命を救うことに全力を尽くしています。
 また、若年齢層等に対する海難防止活動として、県内の小学校において出前講座を開設し、海難防止思想の普及に努めるほか、漁業者のライフジャケット着用率を高めることを目指す「女性ライフジャケット着用推進員(ライフガードレディース)」の活動支援を実施しています。

 
 
3 青い海を守る  

地元自治体及びボランティアで海上防犯活動や海洋環境保全の啓発を行う海上保安協力員
などとも連携し、海洋環境保全に関する指導・啓発活動を実施しています。この活動の一
環として、未来を担う子供たちを対象に「未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンク
ール」等を開催しています。

また、海の汚染を防止するため、廃棄物不法投棄、工場などからの汚水排出、船舶からの
油排出などの取締りを行っています。

 
 
4 災害に備える  

玉野海上保安部が中心となって、大規模排出油事故などに備えた地区協議会を設置するなど適切な災害の防除体制を構築するとともに、毎年、大規模排出油事故を想定した実動訓練または机上訓練等を関係機関と連携して実施しています。
 また、近い将来の
発生が懸念されている南海トラフ巨大地震などの自然災害に対しては、災害が発生した場合には、人命・財産を保護するために災害応急活動を実施するほか、自然災害の発生に備えるための研修や訓練等を積極的に実施するとともに、関係機関と連携した災害対応訓練に積極的に参画しています。

 
 
5 交通の安全を守る  
  玉野海上保安部管内には、港則法に基づく特定港(宇野港)を含む、計9港の港則法適用
 港(日比港、直島港、岡山港、小串港、西大寺港、牛窓港、鶴海港、片上港、日生港)があ
 り、特定港には港長が置かれ、港内における船舶交通の安全及び整頓を図っています。

  また、管内の水道等は、重要な航路筋として多くの船舶が航行していますが、いずれも水
 路が狭隘で潮流が激しく、また春先から梅雨時期にかけて濃霧が多発する等、船舶交通環境
 が厳しいことから、航法の基本原則の励行、視界不良時の早期避泊など事故防止に関する基
 本的事項を遵守するよう機会あるごとにきめ細かく関係者を指導しています。

  加えて、管内での海難の多数を占めるプレジャーボート等の小型船に対し、衝突、乗揚げ
 など、海での事故を減らすために、巡視船艇による訪船指導、声掛けを実施するとともに、
 免許更新時講習に合わせて安全指導を実施しています。

  船舶航行の指標となる灯台、灯浮標等の航路標識55基の管理を行うとともに、当庁以外
 の者が設置した航路標識の指導も行っています。