本文へスキップ

愛します! 守ります! 日本の海!

TEL. 087-821-7013

〒760-0064 香川県高松市朝日新町1-30

海難防止運動について 

海の事故ゼロキャンペーンについて

 海難を防止するためには、船舶所有者、運航者をはじめとする海事関係者、漁業関係者、マリンレジャー関係者など、船舶運航に直接関わる方だけでなく、海運、漁業活動の恩恵を受ける国民の皆様にも、海難防止について感心を深めていただくことが極めて重要です。
 このため、「海難ゼロへの願い」を統一のテーマに官民の関係者が一体となって、海難防止思想の普及及び高揚を図ることを目的とした海の事故ゼロキャンペーンを毎年7月16日から31日までの間、実施しています。
 詳しくは海上保安庁交通部のホームページに掲載しています 海の事故ゼロキャンペーン をご覧ください。

居眠り海難防止運動について

 瀬戸内海・宇和海は、海上交通が混み合っているほか、大小多くの島々や狭水道、潮流の影響等により船舶の航行に注意を要する海域が多く存在します。
 このような海域での居眠り運航は、衝突・乗揚げ海難に繋がるおそれがあり、一度この種の海難が発生した場合には、油の流出等による沿岸域への影響や通航船舶への影響も大きいことから、「船員労働安全衛生月間」期間中、関係機関と合同で効果的に運動を展開するため、毎年9月1日から10日までの間、居眠り海難防止を呼びかけています。

 

霧海難防止運動について

 瀬戸内海・宇和海では、例年、春先から梅雨時期にかけて濃霧が発生しやすく、視界不良による衝突・乗揚げ海難の危険性が高まります。
 これらの海難が発生した場合には、油の流出等による沿岸域への影響や通航船舶への影響も大きいことから、本格的に霧が発生する時期を前に、毎年3月1日から10日までの間、視界制限時における安全な運航を呼びかけています。