業務紹介 >  概要 |  沿革 | 組織 |  担任水域 |  活動 | 所在地 |  海南海上保安署 |

海南海上保安署の概要

 和歌山海上保安部担任水域のうち、下津港を中心として、 紀伊水道に面した船舶交通の要衝であり、好漁場ともなっている水域を担当しています。 また、石油コンビナートも立地しています。 
 当署は、こうした水域について、密航・密輸の水際対策、地震・津波対策、石油コンビナートに対するテロ及び防災対策等の海上保安業務にあたります。
 所属船は、巡視艇「わかづき」、監視取締艇「あるでばらん」を有しています。


  
       ◇◇◇ 沿 革 ◇◇◇

  昭和23年 5月 : 和歌山下津港長事務所として発足
  昭和38年 4月 : 田辺海上保安部下津海上保安署に改称
  平成16年10月 : 和歌山海上保安部下津海上保安署となる
  平成19年 4月 : 和歌山海上保安部海南海上保安署に改称

下津海上保安署庁舎 あるでばらん
下津港湾合同庁舎 あるでばらん
わかづき
所在地
〒649−0101
和歌山県海南市下津町下津3066−16
電話 : 073−492−0134
担任水域 所在地

トップページへ