舟  磯  灯  標
(ふないそ)


(昭和36年1月27日点灯)
舟磯灯標  荒波にも負けず頑張っています。

(上部の黒球2個と黒赤黒の塗り分けで危険な岩礁があることを示しています。)
伊  島  灯  台
(いしま)


(昭和31年4月1日点灯)
伊島灯台  対岸の紀伊日ノ御埼灯台とともに、紀伊水道の入り口及び海上交通安全法の適用海域を示す位置にあります。
出 羽 島 灯 台
(てばしま)


(昭和34年3月26日点灯)
出羽島灯台  牟岐港から定期船で約15分の出羽島の頂上にあり、四国東岸の著名な沿岸標識の一つです。
 撫 養 港 口 灯 標
(むやこうぐち)


(平成8年11月1日点灯)
撫養港口灯標  波の上下を利用した空気の流れで発電と充電を行い、発光ダイオードと反射鏡を組み合わせた灯器で点灯しています。 
10 橘港幸野地先灯浮標
(たちばなこうこうのちさき)


(昭和48年3月13日点灯)
橘港幸野地先灯浮標  保安部所属船で灯浮標の定期点検に到着しました。
 上部にある三角推形2個のトップマークと黒と黄色の塗り分けはこの標識の東方向が安全に航行できることを、遠くからでも分かりやすく示すためのものです。
 また、太陽電池のエネルギーと発光ダイオードを使用して点灯している環境に優しい標識です。
戻る
次へ

★ 写真をクリックすると地図が表示されます。