文字を標準サイズにする
文字を拡大する

広報・地域連携室」 記事一覧

室井国土交通大臣政務官が職員を激励

室井国土交通大臣政務官が五管本部職員を激励          平成24年4月24日(火)、室井邦彦国土交通大臣政務官が神戸市中央区にある第五管区海上保安本部をご視察され、五本部職員等に対する激励が行なわれました。 室井政務官は、午後4時45分ころ、五管本部を訪れ、石指五管本部長ほか幹部職員がお出迎えし、本部長室において、幹部職員紹介と石指五管本部長から五管区の業務概要説明を受けられました。 室井政務官は、本部庁舎1階の会議室に集まった、五管本部、神戸保安部等の職員約150名を前に、「船舶交通が輻輳する明石海峡が所在し、五管海保は航行船舶の安全確保など重要な使命が課せられてい…

 >> 続きを読む

――徳島海上保安部長FMびざん番組生出演!!――平成24年4月18日(水)1100~1200、徳島市レインボースタジオにおいて、FMびざんの番組「B-STEP TALKING」に 一條 正浩 徳島海上保安部長がゲストに迎えられ、「愛します!守ります!阿波の海!」と題して約1時間、パーソナリティーのドレミファ曽谷氏を相手に対話形式で番組に参加し、徳島での震災対策の紹介や、自己救命策などについて、生放送の番組内で海上保安思想の啓蒙を実施しました。生番組という素人では緊張する場面にも関わらず、元海上保安報道官の経歴を持つ一條部長は堂々と番組をこなし「1時間は短かった」とのことでした。 …

 >> 続きを読む

南紀の海岸にくじらの死骸漂着   平成24年4月10日、串本警察署から和歌山県西牟婁郡すさみ町江住の海岸にくじらの死骸が漂着しているとの情報を受け、田辺海上保安部職員2名が現場に駆けつけ漂着状況等を確認しました。  漂着していたくじらは、ザトウクジラのメス(すさみ町立エビとカニの水族館館長確認)で、体長は約7.5メートルでした。  ザトウクジラの死骸は、入り組んだ岩場の中に漂着しており、船で接近することは困難であったため、再度沖合いに流出して航路障害物とならないよう、すさみ町に指導し、同職員らと協力してザトウクジラの尻尾にロープをかけ、その巨体を近くの岩場につなぎとめました。  死骸…

 >> 続きを読む

~ゴールデンウィーク期間前における旅客船安全総点検を実施~串本海上保安署及び巡視艇むろづきは、4月24日、観光客が増えるゴールデンウィークを前にして、旅客船による海難事故等防止のため「ゴールデンウィーク期間前における旅客船安全総点検」を近畿運輸局勝浦海事事務所と合同で行いました。各点検担当職員は、串本海上保安署長の訓示を受けた後、勝浦観光桟橋に着岸する紀の松島観光、ホテル浦島、ホテル中の島の各所属旅客船に対して救命設備・消防設備の備付状況、法定書類の確認等点検し、適切な見張りの励行、安全速力での航行及び航法の尊守、旅客定員の尊守等を指導しました。   …

 >> 続きを読む

霧海難防止キャンペーンについて

パンフレット…

 >> 続きを読む

カテゴリ