文字を標準サイズにする
文字を拡大する

マリンレジャー安全推進室」 記事一覧


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

スキューバダイビング事故激増

スキューバダイビング事故激増(ベテランダイバーも要注意!)10月末までのスキューバダイビング事故発生状況スキューバダイビングは、夏季だけに限らず冬季は海中の透明度が増すこともあり、周年行われるマリンレジャーですが、五管区では10月中に4人(死亡1人)の事故が立て続けに発生しており、10月末現在で既に15人(死亡・行方不明5人)と過去3年間の平均6人と比べ9人増の過去最多となっています。<スキューバダイビング事故発生数の推移>スキューバダイビング中の死亡事故10月末現在の事故者15人の事故内訳は、溺水7人、病気1人、漂流4人、その他3人で、溺水7人のうち5人が死亡するなど、死亡事故についても過去…

 >> 続きを読む

ライフジャケット常時着用のお願い

 マリンレジャーも最盛期を迎え、プレジャーボートを楽しむ方等が増加します。 その一方で、昨年の調査によると、釣り人(陸釣り)のライフジャケット着用率は8%と、まだまだ低い状況にあります。 このような状況を踏まえ、当管区としましては、従来から救助率向上のため、自己救命策確保3つの基本について、   ○漁協、マリーナ、釣り具店への訪問指導   ○児童、生徒、教師、保護者への講習会(直接的・間接的指導)   ○街頭キャンペーン(ショッピングセンター、観光スポット、イベント)等による啓発活動に力を入れています。 しかしながら、依然としてライフジャケットの未着用者の死亡事故が後を絶ちません。 昨年のデー…

 >> 続きを読む


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

カテゴリ