文字を標準サイズにする
文字を拡大する

救難課」 記事一覧

田辺海上保安部長から海上安全指導員岩元秀行さんに、人命救助感謝状が贈呈されました。 1 贈呈日時      平成25年5月2日2 贈呈場所      田辺海上保安部3 被贈呈者      岩元 秀行((社)関西小型船安全協会・海上安全指導員)※ 海上安全指導員 : プレジャーボートなど海のレジャーを楽しむ人のリーダーとして安全指導や啓発をする人で、海上保安庁が指定。第五管区海上保安本部では、115人を指定している。 4 事案の概要平成25年4月28日、和歌山県すさみ町稲積島南方約400メートル沖において、2名乗りのシー・カヤックが沖うねりを受け転覆し2名とも海に投げ出される…

 >> 続きを読む

平成 24 年人身事故発生状況《速報》

過去5 年で事故者数最多第五管区海上保安本部が取り扱った平成24 年の人身事故発生状況を取りまとめたのでお知らせします。● 人身事故前年比48 人増加、過去5 年最多・ ダイビング事故14 人増加・ 乗船者の海中転落事故7 人増加・ 陸上からの海中転落事故28 人増加(除くマリンレジャー事故)1 五管内における平成24 年の人身事故発生数【詳細資料参照】(1)人身事故全体① 人身事故者数は 368 人で、前年に比べ48 人増② 人身事故に伴う死亡・行方不明者数は 177 人で、前年に比べ31 人増(2)事故区分別① マリンレジャーに伴う海浜事故者数は 105 人で、前年に比べ10 人増・ダイ…

 >> 続きを読む

 第五管区海上保安本部管内職員の士気高揚と警備救難業務遂行上の基礎力となる犯罪鎮圧及び海難救助の技能向上を図ることを目的として、「制圧」、「けん銃」及び「人命救助」の3種目について競技大会を開催します。 本競技大会は、毎年、管下各海上保安(監)部及び関西空港海上保安航空基地から代表選手を選抜して組織別対抗の団体戦として実施しており、「制圧の部」では女性職員による競技種目(“警棒”対“警棒”)を設けています。1.大会概要(1) 種目ア)制圧の部次の5種目について団体戦を行うもの。警棒対警棒は女性職員により実施。先鋒:“警棒”…

 >> 続きを読む

スキューバダイビング事故激増

スキューバダイビング事故激増(ベテランダイバーも要注意!)10月末までのスキューバダイビング事故発生状況スキューバダイビングは、夏季だけに限らず冬季は海中の透明度が増すこともあり、周年行われるマリンレジャーですが、五管区では10月中に4人(死亡1人)の事故が立て続けに発生しており、10月末現在で既に15人(死亡・行方不明5人)と過去3年間の平均6人と比べ9人増の過去最多となっています。<スキューバダイビング事故発生数の推移>スキューバダイビング中の死亡事故10月末現在の事故者15人の事故内訳は、溺水7人、病気1人、漂流4人、その他3人で、溺水7人のうち5人が死亡するなど、死亡事故についても過去…

 >> 続きを読む

 第五管区海上保安本部が取り扱った平成23年の船舶海難及び人身事故の発生状況等を取りまとめましたので、お知らせします。 1. 船舶海難の発生状況(資料1.2.3参照) 1 平成23年の海難船舶隻数は226隻で、前年に比べ54隻減少   (東北地方太平洋沖地震に伴う当管区が取り扱った海難を除く) 2 プレジャーボート※の5月と6月の海難隻数は、昨年と比較して大幅に減少した   (5月は3 隻 前年比11 隻減、6月は2 隻 前年比10 隻減) 3 船舶種類では、プレジャーボートの海難隻数が108 隻(全体の48%)、次いで漁船の48 隻(全体の21%)と全体として占める割合が依然として高い 4 …

 >> 続きを読む

ライフジャケット常時着用のお願い

 マリンレジャーも最盛期を迎え、プレジャーボートを楽しむ方等が増加します。 その一方で、昨年の調査によると、釣り人(陸釣り)のライフジャケット着用率は8%と、まだまだ低い状況にあります。 このような状況を踏まえ、当管区としましては、従来から救助率向上のため、自己救命策確保3つの基本について、   ○漁協、マリーナ、釣り具店への訪問指導   ○児童、生徒、教師、保護者への講習会(直接的・間接的指導)   ○街頭キャンペーン(ショッピングセンター、観光スポット、イベント)等による啓発活動に力を入れています。 しかしながら、依然としてライフジャケットの未着用者の死亡事故が後を絶ちません。 昨年のデー…

 >> 続きを読む

 海上保安庁では、本格的にマリンレジャー活動が活発化するゴールデンウィークにおいて釣り愛好者やプレジャーボートによるマリンレジャー事故の未然防止等を図るため、ライフジャケット常時着用等の自己救命策確保を重点としたマリンレジャー安全推進活動を次のとおり予定しています。 ※ 個別の取材活動につきましては、各海上保安部にお問い合わせ下さい。 マリンレジャー安全推進活動の内容 1 実施期間 ゴールデンウィーク(4月29日~5月8日)を中心として実施 2 実施内容 (1) マリーナ等訪問による安全指導 マリーナ、釣具店等、マリンレジャー関係先に海上保安官が訪問し、ライフジャケットの着用推進や…

 >> 続きを読む


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

カテゴリ