文字を標準サイズにする
文字を拡大する

海洋情報部」 記事一覧

乗船場所が変更となりました。 神戸開港150年記念 測量船「拓洋」の一般公開について…

 >> 続きを読む


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

2016年大晦日の日の入りと2017年初日の出情報


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

「海の月間」に伴う一般公開について


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

平成24年海洋汚染調査結果


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

平成23年海洋汚染調査結果


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

冬季一般公開について(下里水路観測所)


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

第五管区海上保安本部では、今世紀前半にも発生が危惧されている東南海・南海地震を始め、巨大地震による津波被害を少なくするために、防災意識の向上に努めています。このたび、海底の地形が立体的に見ることができる3D海底地形図を用いたポスターを作成し、東南海・南海地震で大きな津波の襲来が予想される管内の太平洋沿岸部に所在する小学校、中学校の児童、生徒の皆さんにいつでも3D海底地形図を見られる環境を作り、海をもっと身近に感じてもらうとともに、津波災害を引き起こすプレート境界地震への備え防災への意識の向上に役立ててもらうこととしました。今回作成しましたポスターは、和歌山県、徳島県、高知県及び兵庫県淡路島の沿…

 >> 続きを読む


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

第五管区海上保安本部では、窓口対応の五管区海の相談室、テレホンサービス及びホームページにより海洋情報の提供を行っています。平成24年における提供状況の概要は、以下のとおりです。1 提供別の状況(1)海の相談室一般の方からの海洋に関する様々な質問に対応するため、平成2年から「海の相談室」を開設しております。平成24年の相談件数は、昨年比3件(1%)増の296件でした。○相談の内容潮汐・海潮流に関するものが最も多く、次いで海図等の水路図誌に関するもの、日出没時間等の天文に関するものの順でした。(別添1 グラフ1参照)○利用者の割合一般の方からの相談が約2/3を占め、民間企業、国や地方公共団体の順で…

 >> 続きを読む

「自律型潜水調査機器」の愛称が決定


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

2013年 初日の出情報


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

「自律型潜水調査機器」の愛称を募集


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

 4月18日の「発明の日」を含む週は、「科学技術週間」です。この週は、科学技術について理解と関心を深めてもらうため設けられており、全国でイベントが開催される予定です。 これに合わせまして、下里水路観測所では、4月21日に一般公開を開催致します。内容は、業務紹介及び人工衛星レーザー測距観測の実演のほか、春の星座、金星及び土星の観察です。1  期 日  平成24年4月21日(土) 19時00分から20時30分まで2  場 所  下里水路観測所(詳細は8項及び9項のとおり)3  定 員  先着順20名程度(事前申し込みが必要)4  申し込み方法  ○ 電話、FAX 又は電子メールのいずれか…

 >> 続きを読む

平成22年海洋汚染調査結果


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

春から初夏の大潮にご注意!

これからの季節は、水温・気温とも暖かくなり、潮干狩り、磯遊び、釣りやプレジャーボートなど海でのレジャーを計画される方も多くなります。一方、春から初夏の大潮の時期は、日中の干満差が普段よりも大きくなる季節でもあります。磯遊びなどで普段は歩いて渡ることができない場所でも、大きく潮が引くことで干潟や磯場を渡ることができますが、遊びに夢中になると、潮が満ちて帰れなくなることもあります。また、普段は船で安全に航行できる海域でも、大きく潮が引くことでできた浅瀬に底触することもあります。平成19年5月には、釣り人3名が潮が大きく引いた時間帯(干潮時)に磯場に徒歩で渡り、釣りを始め、潮が満ちた時間帯(満潮時)…

 >> 続きを読む

カテゴリ