文字を標準サイズにする
文字を拡大する

水路記念日に伴う一般公開について(下里水路観測所)

9月12日は「水路記念日」です。
この日は、我が国が独自に海図作成を行うための機関として明治4年に兵部省海軍部に「水路局」(現海上保安庁海洋情報部)を設けた日を記念して定められました。
これに伴い、下里水路観測所では9月29日に「水路記念日に伴う一般公
開」を開催致します。内容は、業務紹介及び人工衛星レーザー測距観測の実演のほか、月の観察や30日の中秋の名月にまつわる話の紹介を行います。

1 期 日 平成24年9月29日(土)19時00分から20時30分まで

2 場 所 下里水路観測所(詳細は8項及び9項のとおり)

3 定 員 先着順20名程度(事前申し込みが必要)

4 申し込み方法
○電話、FAX 又は電子メールのいずれかでお申し込みください。(電話番号等は8項のとおり)
○お申し込みの際は、以下の内容をお知らせください。
①お名前
②参加者の人数(内、小学生以下の人数)
③FAX の方は返信用の番号を、電子メールの方は電子メールアドレスを記入してください。
なお、電子メールの方は件名を「一般公開申し込み」としてください。
④電話番号(緊急時の連絡のため)
⑤イベント情報の入手先(○○新聞、ホームページなど)
⑥当日実施してほしい事など、御要望があれば記入してください。

○受 付 期 間
平成24年9月7日(金)から受け付け致します。
FAX、電子メールは随時、また、電話による受け付けは、土日祝日を除く9時から20時までとなっています。
また、土日祝日、夜間のFAX、又は電子メールでのお申し込みの場合、回答は翌平日となりますのでご了承ください。

5 対 象 小学校高学年以上の方なら十分に理解できる内容となっていますので、興味のある方はどなたでもお申し込みください。
ただし、中学生以下の方は保護者同伴での参加をお願いします。

6 実施内容
・ 海上保安庁及び下里水路観測所の業務紹介
・ 人工衛星レーザー測距観測の紹介及び実演
・ 大型双眼鏡を使用した月の観察
・ 中秋の名月にまつわる話

7 その他
・ くもりや雨の場合、屋外での天体の観察は中止し、屋内で当日観察する予定だった天体について、資料を使って説明致します。
・ 当観測所にある双眼鏡は数に限りがありますので、お持ちの方は、ご持参ください。
・ 観測所周囲に売店、自動販売機等はありません。飲料等が必要な方は各自ご持参ください。
・ 参加費用は無料です。

8 連絡先
〒649-5142 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町下里1981
下里水路観測所
TEL 0735-58-0084
FAX 0735-58-1535
電子メール shimosato@kaiho.mlit.go.jp
ホームページ http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/simosato/Japanese/index.htm

水路記念日に伴う一般公開について(下里水路観測所)

 記事の内容は、下にある「詳細はこちら」をクリックして、リンク先のページをご覧ください。(別窓が開きます。)



詳細はこちら

 下里水路観測所

  下里水路観測所は、平成22年度現在、海上保安庁唯一の水路観測所で、1982年から人工衛星を用いた 人工衛星レーザー測距観測 (SLR : Satellite Laser Ranging) を日夜行っています。

 

EDIT


カテゴリ