文字を標準サイズにする
文字を拡大する

3D海底地形図を展示します(9月4日~19日)


第五管区海上保安本部では、「水路記念日」関連行事として、パネル展示を行います。

期 間 平成24年9月4日(火)~9月19日(水)
会 場 神戸海洋博物館(神戸市中央区波止場町2-2)
展示内容 近年では海溝型巨大地震発生メカニズムの解明など様々な分野で活用されている「海底地形図」の変遷を紹介。  M9級の南海トラフ巨大地震の震源域 とされている海底地形を詳細に表した最新の3D図ほかを展示します。

※水路記念日とは
明治維新の後、日本独自で海図作成を行うために、明治4年(1871年)に兵部省海軍部に水路局が設置されました。
この日が、我が国における海洋調査の創始日であり、新暦でこの日に相当する9月12日を水路記念日とし今年で141回目を迎えます。
兵部省海軍部水路局は、その後、幾多の変遷を経て、現在、海上保安庁海洋情報部として、海図作成のほか、地震、津波、海域火山、大陸棚、海洋環境、マリンレジャーなどに関する多種多様な海洋調査や情報提供を行っています。

3D海底地形図を展示します(9月4日~19日)

 記事の内容は、下にある「詳細はこちら」をクリックして、リンク先のページをご覧ください。(別窓が開きます。)

開催日  :  2012-09-04

終了日  :  2012-09-19



詳細はこちら

EDIT


カテゴリ