文字を標準サイズにする
文字を拡大する

離島小学校訪問

宿毛海上保安署は、5月22日、宿毛市立沖の島小学校を訪問して、在校児童1名に対する自己救命策確保講習を実施しました。
宿毛海上保安署が担当する区域には、高知県で唯一とされる有人離島である沖の島と鵜来島があり、あわせて島民約270名が暮らしています。
同校は、少子化・過疎化による児童数の減少により、近年、休校となっていましたが、本年4月から新1年生女子児童の入学により、2年ぶりの開校となったことから、今回の訪問に至ったものです。
当保安署においては、今後も継続して離島訪問を行う予定としています。

           



EDIT


カテゴリ