文字を標準サイズにする
文字を拡大する

大阪湾海上交通センター」 記事一覧

春告魚到来

大阪湾や播磨灘で春の風物詩となっている別名『春告魚』(はるつげうお)とも呼ばれる新子漁(新子とはイカナゴの稚魚)が去る2月23日、解禁となりました。今年は昨年より新子の成長が早く、解禁日が早くなったものの、不漁が予想されるなかでの操業となりましたが、当日は午前6時頃から約120統に及ぶイカナゴ漁船が明石海峡の漁場に向けて一斉に繰り出しました。新子漁は、2隻の網船と運搬船の3隻で編成(1統)され、2隻の網船が一対となって上層を回遊する新子を狙って約300メートルの漁網を曳く『機船船びき網漁』と呼ばれる漁法で、例年4月上旬を目途に日出から昼頃まで操業が行われます。漁網の末端にある袋網が一杯になると…

 >> 続きを読む

大阪湾海上交通センターでは、平成24年12月11日、同海上交通センターにおいて年末年始特別警戒及び安全指導の一環として、南海トラフを震源域とするM9.0の大規模地震発生を予想した運用訓練を第五管区海上保安本部長及び同本部交通部長の立会いのもと、 ・整備課においては、全電源喪失事態(非常用発電機も破損)となり、業務に必要不可欠なVHS電源及び照明電源を可搬型発電機により確保し、電路を入れ替えて供給する訓練 ・運用管制課と情報課においては、大阪湾内に大津波警報が発表され、避難する船舶が明石海峡航路に集中する事態となり、統括運用管制官の指揮のもと、通航船舶の安全を確保するための情報提供及びしょう戒船…

 >> 続きを読む

明石海峡における船舶交通の安全確保に万全を期します海上輸送機関に人流・物流が集中、繁忙化する年末年始の明石海峡における船舶交通の安全確保に万全を期すため、大阪湾海上交通センター(兵庫県淡路市)において、24時間体制での情報提供・航路管制業務及び機器設備に関する特別点検を実施します。この特別点検では、大阪湾海上交通センター所長が、年末年始期間中における当直体制、緊急事態における対応方法及び船舶の動静を把握するレーダー機器等の整備状況の確認を行います。今回は、第五管区海上保安本部長が、特別点検に立会うとともに、年末年始の業務にあたる同センターの職員に対して激励の訓示を行います。なお、港内の船舶交通…

 >> 続きを読む

大阪湾海上交通センターでは、平成24年9月11日から鳴門海峡を航行するAIS(船舶自動識別装置)搭載船舶に対する安全対策の充実を図りました。うず潮で有名な鳴門海峡は、可航幅が400メートルと狭く、流向が複雑で最大11ノットに達する潮流が存在するなど、海難発生の蓋然性が極めて高い海域であるにもかかわらず、一日平均367隻(うちAIS搭載船舶は70隻)に及ぶ大小様々な船舶が行き交う海域となっており、本年に入ってから既に7隻の乗揚げ等の海難が発生し、そのうち潮流が起因する乗揚等海難が3隻(3隻ともAIS搭載船)発生しています。このことに鑑み、当センターでは、第五管区海上保安本部海洋情報部と連携を図り…

 >> 続きを読む

大阪湾海上交通センターは、平成24年7月21日、施設の一般公開を実施しました。今年は、「クイーン淡路」を一日大阪湾海上交通センター所長に任命し、当センターの施設や業務の様子を幅広く紹介し、併せて海難事故防止を呼びかけてもらいました。展示コーナーでは、東日本大震災パネル・3D海底地形図・明石海峡鳥瞰図の展示、親子で作る巡視船等のペーパークラフト作成教室、救命胴衣の試着コーナー、防災に役立つロープワークコーナー、制服を試着して「うみまる」看板との記念撮影、学生募集コーナーなどのイベントがてんこ盛りの行事で、クイーン淡路の強力な支援を受け、来客の評判は上々でした。また、管制室が見える見学ルームでは、…

 >> 続きを読む

もうひとつの天体ショー

日本中が世紀の天体ショーに沸いた5月でしたが、大阪湾海上交通センターでは、6月を目前にしたある朝、太陽があやなす、もうひとつの天体ショーを目撃しました。レーダー塔(写真右下)に架かる「日暈(ひがさ)」です。「日暈」とは、太陽光線が雲にある氷の結晶に入射し、結晶がプリズムのはたらきをした時に輪のように輝く現象で、氷の結晶がきれいな六角柱となる巻層雲、巻積雲、巻雲が広がったときに見られます。一日のはじまり。巡視船艇の乗組員であれば、命を預ける我が船のマストを見上げて「さて、今日も行くか!」と気合をいれるところですが、当センターの職員は、山上にあるレーダー塔を見上げながら同じことを思います。そんなレ…

 >> 続きを読む

大阪湾海上交通センターでは、平成24年5月16日、兵庫県トライやる・ウィーク推進協議会が実施する職場体験学習の一環として、地元淡路市立岩屋中学校の2年生3名が、一日大阪湾海上交通センター職員として同センターの各種業務を体験しました。整備に関する業務体験では、明石海峡航路が一望できる海抜280メートルのレーダー塔屋での機器の点検実習を行いましたが、周囲の景観に圧倒された生徒達の表情が印象的でした。情報に関する業務体験では、明石海峡を航行する船舶に対する海上交通情報の放送原稿の読み上げ実習を行い、緊張しながらも、しっかりとしたアナウンサー振りでした。管制に関する業務体験では、昨年発生した明石大橋ア…

 >> 続きを読む

 11月1日は灯台記念日です。この灯台記念日に合わせ、全国各地において、灯台、海上交通センターの一般公開等が行われます。第五管区海上保安本部管内においても、次のとおり灯台の一般公開や灯台写真展示会等を、管内8箇所において行いますので、是非足を運んでみて下さい。 実施日 行事名/公開時間 実施場所 問い合わせ先 10月28日(金) ~ 11月1日(火) …

 >> 続きを読む

大阪湾海上交通センター 施設一般公開


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

カテゴリ