文字を標準サイズにする
文字を拡大する

高知海上保安部」 記事一覧

関係機関との合同震災訓練

高知海上保安部所属巡視船「とさ」は、平成25年2月17日、高知県香南市の旧香南市役所庁舎において、関係機関との合同震災訓練に参加しました。この訓練は、実践的なブリーチング(壁・床・天井の穿こう技術)活動を行い、要救助者を救出する訓練で、今回は震災時における各機関の連携強化を目的として、陸上自衛隊第50普通科連隊、高知県警機動隊、香南市消防本部と合同で実施されました。巡視船「とさ」乗組員の内、国際緊急援助隊に登録されている2名を除き、ほとんどの者がエンジンカッターや削岩機等を取り扱った経験が無く、はじめて見る機材やコンクリートの壁を壊す訓練にとまどいながらも香南市消防本部救助隊員のアドバイスを受…

 >> 続きを読む

新人潜水士ローカルテレビデビュー

高知海上保安部所属巡視船とさは、平成25年1月7日、毎年恒例行事となっている「救難訓練」を実施しました。これは高知県の放送各社を招き、新人潜水士を中心に救難訓練を展示するものです。今年の新人潜水士2名は、海上保安学校船舶運航システム課程航海コース第34期の巡視船とさ航海士補2名の同期新人潜水士です。また、共に特殊救難隊を熱望しており、二人は日頃から勤務時間終了後から遅くまで体力・レンジャー技術の向上のため、同期同士、切磋琢磨している姿が印象的であり、少しでも早く先輩潜水士に追いつき追い越そうと必死です。そんな二人が始めて多数のテレビカメラ、新聞各社に囲まれて取材される中、緊張しながらも着実に救…

 >> 続きを読む

高知県総合防災訓練実施

平成24年6月10日、高知県宿毛湾において、高知県防災会議等の主催による「防災フェスタin宿毛2012」と題した高知県総合防災訓練と地域防災フェスティバルが開催されました。海上保安庁として、高知海上保安部、宿毛海上保安署及び土佐清水海上保安署の所属の巡視船艇「とさ」「あらせ」「とさつばき」、関西空港海上保安航空基地所属の航空機と機動救難士、更に、第五管区海上保安本部の機動情報通信隊が参加し、大規模地震等の災害発生を想定した海上部門としての情報収集訓練、海上漂流者救出訓練、孤立地域支援訓練を実施しました。参加機関は74機関1200人で、一般来場者は1500人にもなりました。  …

 >> 続きを読む

しらすうなぎ密猟者検挙


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

高知海上保安部所属巡視船艇の就解役についてPC型巡視艇とさぎりが2月17日(金)に解役し、新たに、PS型巡視船さんれい(新造船)が3月12日(月)に就役します。巡視船さんれいは、解役となった巡視艇とさぎりに比べ一回り大きく、速力、操縦性能、夜間捜索監視能力等が向上しており、この配属により業務執行体制が強化されます。なお、4月17日(火)に、高知海上保安部において就役披露式を実施する予定です。1 巡視艇とさぎり要目(2月17日解役)総トン数 149.37トン長さ×幅×深さ 31.0×6.3×3.3m武 器 13ミリ機銃速 力 30ノット以上来 歴 …

 >> 続きを読む

 11月1日は灯台記念日です。この灯台記念日に合わせ、全国各地において、灯台、海上交通センターの一般公開等が行われます。第五管区海上保安本部管内においても、次のとおり灯台の一般公開や灯台写真展示会等を、管内8箇所において行いますので、是非足を運んでみて下さい。 実施日 行事名/公開時間 実施場所 問い合わせ先 10月28日(金) ~ 11月1日(火) …

 >> 続きを読む


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

東日本大震災への対応等について

 第五管区海上保安本部では、平成23年3月11日(金)発生した東日本大震災に関し、被災地を管轄する第二管区海上保安本部に、次の勢力を派遣し、救助・支援活動等を行っています。「第五管区からの派遣勢力」 ○ 派遣人員延べ約240名 ○ 巡視船4隻    神戸海上保安部所属    巡視船せっつ (PLH型)    高知海上保安部所属    巡視船とさ (PL型)    和歌山海上保安部所属  巡視船きい (PL型)    徳島海上保安部所属    巡視船よしの (PM型) ○ 航空機4機    関西空港海上保安航空基地所属の固定翼機(サーブ340)2機    関西空港海上保安航空基地所属の回転翼機(…

 >> 続きを読む

巡視船とさ

大型巡視船 1000トン型識別番号PL08船名とさ総トン数約1400トン全長約94メートル所属高知保安部巡視船艇一覧に戻る…

 >> 続きを読む

カテゴリ