文字を標準サイズにする
文字を拡大する

よくある質問と回答」 記事一覧

 海上保安大学校は、海上保安庁の幹部職員を養成するために設けられた教育機関で、本科4年とそれに続く専攻科6ヶ月・国際業務課程3ヶ月の合計4年9ヶ月の教育期間の中で、海上保安業務を遂行するために必要な学術及び技能を教授し、併せて心身の練成を図っています。  海上保安学校は、海上保安庁の一般職員を養成するために設けられた教育機関で、1年又は2年の教育期間の中で、必要な知識及び技能を教授し、併せて心身の練成を図っています。海上保安学校には、「船舶運航システム課程(航海コース、機関コース、主計コース:各1年)」、「航空課程(1年)」、「情報システム課程(2年)」及び「海洋科学課程(1年)」が設けられて…

 >> 続きを読む

採用試験の倍率はどれくらいですか?

海上保安大学校・海上保安学校学生募集のページに掲載してありますので、こちらをご覧下さい。採用試験FAQ…

 >> 続きを読む

海猿になりたい

 漫画やテレビ、映画などで有名になった 「海猿」 は、海上保安庁の潜水士のことを指す呼び名ですが、実は海上保安庁内では 「海猿」 とは呼びません。 海上保安庁では、救難業務に従事する潜水士のことは、単に 「潜水士」 と呼びます。 潜水士については誰でもなれるものではなく、現場の海上保安官の中から希望者を募って、適性のあるものを選抜して厳しい訓練を行った後、現場の潜水士としての業務を行うこととなります。 もちろん潜水士も海上保安官ですから、普段は、通常の海上保安官と同様に海上保安業務に当たっているのです。 なお、潜水士が勤務するのは、救難強化指定船や潜水指定船などの船艇のほか、救難業務に特化した…

 >> 続きを読む

海上保安庁の潜水士になるためには、まずは海上保安大学校または海上保安学校を卒業し、海上保安官にならなければなりません。 海上保安官になるためにはこちらをご覧下さい。  なお、「海上保安学校」を目指す場合には・船舶運航システム課程(航海・機関・主計コース)・航空課程 ・情報システム課程 ・海洋科学課程がありますが、このうち・航空課程 ・海洋科学課程に入学すると、潜水士になることはできませんので、注意が必要です。 卒業後は、現場での業務経験(主に巡視船艇での勤務)を経て、潜水士を養成するための研修を受けます。 この研修は、希望すれば誰でも受けることができるというわけではありません。 ・本人の希望・…

 >> 続きを読む

海上保安官になりたいのですが・・。

  海上保安官になるためには、一般に「海上保安大学校(広島県呉市)」または「海上保安学校(京都府舞鶴市)」に入学し、卒業する必要があります。 また、海技免状等の有資格者は、「海上保安学校門司分校(福岡県北九州市)」で採用しております。 このほか、国家公務員採用総合職試験の合格者も採用しております。 詳しくは、当ホームページ内採用情報をご覧ください。 また、学生採用に関しましては、下記の部署が担当しておりますので、お気軽にお問い合わせください。◆資料請求等ございましたら、次の係までお気軽にお問い合わせください。◆海上保安庁総務部教育訓練管理官学校教育係TEL03-3591-6369(専…

 >> 続きを読む

○「海上保安学校航空課程」へ入学する 航空課程卒業者(10名程度)は、本人の希望と適性等を考慮したうえで 回転翼(ヘリコプター)要員と固定翼(飛行機)要員に分かれて引き続き 一定期間研修を受け、事業用操縦士の免許を取得します。○「海上保安大学校」へ入学する 大学校専攻科修了者は通常巡視船等に主任航海士等として乗り組みますが、在学中に本人の希望、適正等を考慮し航空機操縦要員として選抜された者(若干名)は、回転翼(ヘリコプター)要員又は固定翼(飛行機)要員として一定期間研修を受け、事業用操縦士の免許を取得します。詳しくは次をご覧ください。   採用情報:http://www.kaiho.mlit.…

 >> 続きを読む

巡視船の名前はどうやって決めてるの?

 海上保安庁の巡視船艇はその船型によって船名を付ける基準を設けています。   例えば「たかちほ」はPS(Patrol Vessel Small)型巡視船で,この船型の巡視船の船名は「山」の名前を付けることとしています。他には、PL(Patrol Vessel Large)型巡視船の船名は「いず(伊豆)」「さど(佐渡)」など、半島、岬、湾、島などの名前を付けています。  由来となるものは巡視船艇の船型によってそれぞれ違いますが、語呂のよさや知名度、配属地において親しまれるなどの地域性も考慮して命名されます。。  …

 >> 続きを読む

巡視船と巡視艇の違いはなんですか?

巡視船主として法令の海上における励行、海難救助、海洋の汚染及び海上災害の防止、海上における犯罪の予防及び鎮圧、海上における犯人の捜査及び逮捕その他海上の安全の確保に関する事務に従事するもの巡視艇主として、基地周辺海域における上記の事務に従事するもの と種別されています。 つまり、巡視船と巡視艇は、どちらも海上における治安の維持や海難救助等の業務を行うための船舶ですが、より広範囲の海域で行動する巡視船に対して、巡視艇は、主に港内や沿岸部付近でこれらの業務に従事しております。…

 >> 続きを読む

 ディファレンシャルGPS(DGPS)は、米国が運用しているGPS(衛星を用いた電波航法システム)の位置測定精度と信頼性をさらに向上させるため、陸上の既知の固定点でGPSを常時観測し、GPSの誤差補正値(ディファレンシャル値)とGPS衛星の異常やシステムの運用状況等の情報をユーザーに伝送するシステムで、昼夜を問わず高精度な位置測定が可能です。 海上保安庁では、狭水道等沿岸海域を含む我が国周辺海域における船舶交通のより一層の安全を確保するため全国27箇所にDGPS局を配置し、一部の離島(小笠原諸島等)を除いた日本沿岸全域でサービスを提供しております。…

 >> 続きを読む

 船位通報制度は、参加船舶から提供される航海計画や航行中の船舶の位置等の情報をコンピューターで管理し、船舶の動静を見守ることにより、海難発生時の迅速かつ的確な捜索救助活動を可能とする制度であり、SAR条約においてその導入が勧告されているものです。 海上保安庁では、昭和60年10月から、我が国の船位通報制度(Japanese Ship Reporting System:JASREP)の運用を開始しています。 また、これらのシステムは対象海域が接している米国の船位通報制度(AMVER)とも連携しており、両システムに連続して加入を希望する船舶に対して は、海上保安庁と米国沿岸警備隊との間でデータ交換…

 >> 続きを読む

 海上保安庁や(公社)日本水難救済会が行う救助活動や捜索活動にかかる経費については、基本的には遭難者などに請求することはありません。   海のJAFのようなものとして、(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会が行っているBAN(Boat Assistance Netowrk:プレジャーボート救助事業)という有料の会員制の制度があり、東京湾から瀬戸内海に至る本州沿岸海域及び若狭湾において、機関故障等が発生した場合の曳航、乗員が行方不明となった場合の捜索等の救助サービスが24時間体制で行われています。 BANの詳細については、(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会のホームページをご参照くだ…

 >> 続きを読む


ココが知りたい
潮汐潮流のことなら海の相談室へ
海上や沿岸の気象を知りたいときはMICS
自己救命策を覚えましょう
お問い合わせは総務まで
海の相談室

E