文字を標準サイズにする
文字を拡大する

豆知識」 記事一覧

海の水はなぜ塩辛いのですか?

 海水には、塩素イオンやナトリウムイオンをはじめとして、天然にある92の元素の全てが溶け込んでおり、これが塩辛さの原因となっています。  普段口にしている塩は、塩化ナトリウムで出来ています。このことから考えても、海が塩辛いことがわかりますね。  でも、大昔、地球が誕生した約45億年前の海水は、塩辛いというより酸っぱかったようです。  誕生当時の地球は高温で、内部から吹き出した多量のガス中に水素、水蒸気、塩素が含まれていました。  そして、地球の温度が下がってくると、空中にさまよっていた水蒸気が冷やされて、雨となって地上に降りそそぎました。  再び地球の温度が上がってくると、今度は地下に浸透した…

 >> 続きを読む

118番はどこにかかるの?

 一般電話(携帯電話を含む)からかけると、全国各地にある最寄りの管区海上保安本部の運用司令センターにかかります。 たとえば、兵庫県南部、大阪府、滋賀県、和歌山県、徳島県、高知県及び京都府、三重県の一部からかけると第五管区海上保安本部運用司令センターにかかります。 また、船舶電話からかけると、全国どこからかけても、東京にある海上保安庁運用司令センターにかかります。 毎日たくさんの118番通報がありますが、間違い電話が多く、対応する海上保安官が困っているだけでなく、実際の海難事故対応の妨げとなることもありますので、ご注意下さい。 もちろん、緊急時には躊躇せず 「局番なしの118番」 にお電話くださ…

 >> 続きを読む

 船位通報制度は、参加船舶から提供される航海計画や航行中の船舶の位置等の情報をコンピューターで管理し、船舶の動静を見守ることにより、海難発生時の迅速かつ的確な捜索救助活動を可能とする制度であり、SAR条約においてその導入が勧告されているものです。 海上保安庁では、昭和60年10月から、我が国の船位通報制度(Japanese Ship Reporting System:JASREP)の運用を開始しています。 また、これらのシステムは対象海域が接している米国の船位通報制度(AMVER)とも連携しており、両システムに連続して加入を希望する船舶に対して は、海上保安庁と米国沿岸警備隊との間でデータ交換…

 >> 続きを読む

カテゴリ