文字を標準サイズにする
文字を拡大する

広報」 記事一覧

海上保安協力員 平成22年度

 海上保安協力員は、海上保安部署の長の推薦により、海上保安協会支部の長が指名し、各地に配置されています。 海上保安協力員の方々は、海浜等の防犯パトロール、海上犯罪、海洋汚染発見時の通報、海上防犯及び海洋環境保全活動を行うなど、海上防犯意識の高揚・海洋環境保全思想の普及を図るための協力をいただいています。   ※ 下の画像をクリックすると拡大表示します。 …

 >> 続きを読む

海洋環境教室 平成22年度

 第五管区海上保安本部では、将来を担う小学生や幼稚園児の皆さんに海洋環境保全の大切さを学んで頂くため、海上保安官やボランティアの人が小学校や幼稚園を訪問したり、巡視船の体験航海等の機会に環境紙芝居や人形劇の上演、水質実験、環境クイズなど子供達が理解し易い方法によって海洋環境教室を開催しています。  平成22年度の巡視船せっつによるエコクルージングは、天候不良のため体験航海が中止となり、神戸港に停泊した状態で船内エコ教室を開催しました。 【主な活動】 巡視船せっつによるエコ教室(平成22年6月/神戸港) 巡視船せっつ船内にて 環境クイズ巡視船せっつ船内にて エコ工作巡視船せっつ船内にて 環境教室…

 >> 続きを読む

いかなご漁について

 大阪湾・播磨灘では、2月から4月頃にかけて「いかなご漁(2双曳漁)」が盛んになります。 特に日出から正午にかけては、多数の漁船が出漁し、明石海峡では、航路が閉塞されることがあります。 そのため、海上保安庁では、・明石海峡航路付近への巡視船艇を増強配備・大阪湾海上交通センターの情報提供の強化を行っておりますが、通行する船舶の皆様は、次のリンク先記載情報に留意して安全な航行に努めてください。 いかなご漁について  PDF版ページ   明石海峡 操業漁船情報(大阪湾海上交通センター)   いかなご漁船操業形態(大阪湾海上交通センター)   いかなご漁情報(大…

 >> 続きを読む


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

2010 第五管区海上保安本部 海上訓練展示

 平成22年10月16日(土) 神戸須磨沖において、海上訓練展示が実施されました。  これは、前年までJCGクルーズという名称で実施されていたもので、航空機による救助訓練、不審船補足訓練等を臨場感あふれる映像でごらんいただけます。 画像をクリックすると、映像が表示されます。  ハイビジョン画質版はここをクリック 第五管区海上保安本部では、インターネット上の動画コンテンツ共有サイト YouTube(ユーチューブ) を利用して、海難救助やイベント等の躍動感あふれる映像を配信しています。  http://www.youtube.com/user/gokaiho…

 >> 続きを読む

人工衛星レーザー測距観測

 和歌山県にある下里水路観測所では、レーザー光線を用いて人工衛星までの距離を計測しています。   このレーザー測距装置は、人工衛星に向けて発射したレーザー光が反射されて戻ってくるまでの時間を計測することで、人工衛星までの距離を測るもので、人工衛星までの距離を数cmの精度で測定する能力があります。  これにより日本列島の位置を正確に求めることが可能となり、地殻変動を把握することができたり、海図の精度を維持・向上することができるのです。  …

 >> 続きを読む

カテゴリ