文字を標準サイズにする
文字を拡大する

海上犯罪の状況」 記事一覧

平成27年における海上犯罪の送致状況

平成27年における海上犯罪の送致状況(速報)1 第五管区海上保安本部では、・ マリンレジャーに伴う海事関係法令違反・ 悪質常習化している密漁事犯・ 汚水や油等の海域への違法排出といった海上環境事犯・ 薬物・銃器の密輸入事犯、密出入国事犯に重点を置いた指導・取締りを実施した結果、平成27年中に796件(前年比+75件)618人(前年比+38人)の海上犯罪を送致しました。2 法令別では、海事関係法令違反が357件と最も多くを占めて、前年と比較して46件増加しています。また、漁業権侵害や無許可操業などの漁業関係法令違反は251件、船舶の衝突、乗揚げといった海難事件等の刑法犯は123件、油排出事件等の…

 >> 続きを読む

平成26年における海上犯罪の送致状況

平成26年における海上犯罪の送致状況(速報値)1 第五管区海上保安本部では、・ マリンレジャーに伴う海事関係法令違反・ 悪質常習化している密漁事犯・ 薬物・銃器の密輸入事犯、密出入国事犯・ 汚水や油等の海域への違法排出といった海上環境事犯に重点を置いた指導・取締りを実施した結果、平成26年中に721件(前年比 +34件) 580人 (前年比 +61人)の海上犯罪を送致しました。2 法令別では、海事関係法令違反が311件と最も多くを占めていますが、前年と比較して7件減少しており、ここ数年減少傾向が続いています。また、漁業権侵害や無許可操業などの漁業関係法令違反は179件、船舶の衝突、乗揚げといっ…

 >> 続きを読む

平成25年における海上犯罪の送致状況

1 第五管区海上保安本部では、・ マリンレジャーに伴う海事関係法令違反・ 悪質常習化している密漁事犯・ 薬物・銃器の密輸入事犯、密出入国事犯・ 汚水や油等の海域への違法排出といった海上環境事犯に重点を置いた指導・取締りを実施した結果、平成25年中に687件(前年比 -192件) 519人 (前年比 -170人)の海上犯罪を送致しました。2 法令別では、海事関係法令違反が最も多く318件と半数近くを占めています が、前年と比較して119件減少しており、ここ数年減少傾向が続いています。また、漁業権侵害や無許可操業などの漁業関係法令違反は196件、船舶の衝突、乗揚げといった海難事件等の刑法犯は89件…

 >> 続きを読む

平成24年における海上犯罪の送致状況

1 第五管区海上保安本部では、・ マリンレジャーに伴う海事関係法令違反・ 悪質常習化している密漁事犯・ 薬物・銃器の密輸入事犯、密出入国事犯・ 汚水や油等の海域への違法排出といった海上環境事犯に重点を置いた指導・取締りを実施した結果、平成24 年中に879件(前年比 -53件) 689名 (前年比 -53人)の海上犯罪を送致しました。2 法令別では、海事関係法令違反が最も多く437件と約半数を占めていますが、前年と比較して15件減少しており、ここ数年減少傾向が続いています。原因としては、マリンレジャー船舶の活動低迷が一因と考えられます。次に送致件数が多かったのは、漁業関係法令違反で、前年比18…

 >> 続きを読む

主な事件の概要(刑法犯)

1 シンガポール籍コンテナ船WAN HAI301 艦船侵入事件【大阪】 平成23 年3 月21 日午後8 時25 分ころ、大阪市住之江区南港所在の岸壁に着岸荷役中のW 号において、甲板上を男性1 名が徘徊しているのを乗組員が発見、代理店を介して通報を受け臨場した大阪海上保安監部捜査員が男性を任意同行の上、事情聴取するも氏名等を名乗らなかったことから、艦船侵入容疑で通常逮捕した。 被疑者が所持していたフェリー乗船券などを手掛かりに、乗船名簿、防犯カメラから身元を特定し、同月31 日略式起訴され、罰金10 万円であった。2 漁船天神丸・漁船紫丸衝突死亡事件【海南】 平成23 年6 月14 日午後4…

 >> 続きを読む

1 化学工業薬品製造業者による汚水不法排出事件【和歌山】平成23 年3 月、和歌山市所在の化学工業薬品製造事業所の排水口から採取した汚水が排水基準に適合しない酸性の汚水(水素イオン濃度3.9 及び4.0)であったことから、捜査に着手し、同社内の実況見分及び関係者の取調べを実施した結果、同社社員(58 歳)が重機洗浄などにより発生した酸性の汚水を雨水側溝を経て海域に排出していた事実を特定し、水質汚濁防止違反で検挙した。平成23 年11 月30 日起訴猶予処分となった。 2 パナマ籍貨物船P 号油不法排出事件【神戸】平成23 年4 月19 日午前11 時5 分ころ、代理店から兵庫埠頭J …

 >> 続きを読む

1 大阪港天保山運河水域不法占用事件【大阪】平成22 年9 月に情報入手し、長期間にわたる内偵捜査により、天保山運河内に無許可で浮桟橋等を設置し、係船料をとってマリーナを経営している建設業経営の男性(62 歳)を割り出した。平成23 年2 月に関係先の一斉捜索に着手するとともに、潜水士による海底の設置状況の見分を行い、徹底した裏付け捜査を実施した結果、被疑者は、平成18 年7 月から平成23 年1 月までの間、大阪港天保山運河内の水域に港湾管理者の許可なく浮桟橋や居住小屋等を設置し、占有していたとして港湾法違反で検挙した。被疑者は、建設重機等を使用して工作物を構築し、これまでに係船料として約1…

 >> 続きを読む

平成23年における海上犯罪の送致状況

1 送致状況の概要  第五管区海上保安本部では、 ・ マリンレジャーに伴う海事関係法令等の違反・ 悪質常習化している密漁事犯・ 暴力団が関与する薬物・銃器の密輸入、出入国事犯・ 企業による汚水排出、油等を海域に違法排出する海上環境事犯 に重点を置いた指導・取締りを実施した結果、平成23年中に 932件(前年比+3件)、742名 (前年比-30人)の海上犯罪を送致しました。2 法令別にみた送致状況 法令別では、海事関係法令違反が最も多く、452件と約半数を占めていますが、前年と比較して36件減少しました。この原因としては、景気の低迷、燃料の高騰、台風襲来、震災の影響等から、マリンレジャ…

 >> 続きを読む

海上犯罪の状況 H17-H21


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

海上犯罪の状況 H12-H16


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

カテゴリ