文字を標準サイズにする
文字を拡大する

海難隻数と死亡行方不明者の推移」 記事一覧

平成29年 4月定例記者会見

○5月のイベント等のお知らせ○神戸・大阪 開港150年記念  5年ぶり!大阪湾に帰ってきた海保総合訓練!○広域津波防災情報図 第2弾の提供を開始します  ~紀伊水道での津波非難の目安に~○3月のプレジャーボート・漁船の事故激減!  ~平成29年3月の船舶事故・人身事故発生状況(速報)~○マリンレジャーの安全・安心を目指して  ~GW中のプレジャーボートの事故ゼロ・釣り中の死亡・行方不明者ゼロ~○Marine Report 2016  ~海難隻数過去最小・漁船や高齢者の事故増加~…

 >> 続きを読む

 第五管区海上保安本部が取り扱った平成23年の船舶海難及び人身事故の発生状況等を取りまとめましたので、お知らせします。 1. 船舶海難の発生状況(資料1.2.3参照) 1 平成23年の海難船舶隻数は226隻で、前年に比べ54隻減少   (東北地方太平洋沖地震に伴う当管区が取り扱った海難を除く) 2 プレジャーボート※の5月と6月の海難隻数は、昨年と比較して大幅に減少した   (5月は3 隻 前年比11 隻減、6月は2 隻 前年比10 隻減) 3 船舶種類では、プレジャーボートの海難隻数が108 隻(全体の48%)、次いで漁船の48 隻(全体の21%)と全体として占める割合が依然として高い 4 …

 >> 続きを読む

カテゴリ