文字を標準サイズにする
文字を拡大する

平成27年11月 主な船舶事故事例



 

発生日時

平成27年11月3日(土) 午前7時45分頃

発生場所

和歌山日高郡日高町小浦崎沖

事故船舶

プレジャーボート(長さ3メートル未満、船外機3馬力、組立式) 2人乗り

概 要

釣り場向け航行中、横波を受け浸水し転覆、乗船者2人が海に投げ出された。乗船者2人は、着用していた救命胴衣、クーラーボックス等を利用し自力で付近の岩場にたどり着き、防水パックに入れていた自身の携帯電話から救助要請し、怪我等なく救助された。

小さなボートでは、気象海象の変化、人や荷物の移動に特に気を付けなければいけないが、本件では「救命胴衣の着用」「防水パックを使用した携帯電話の携行」といった自己救命策の確保により、大きな事故には至らなかった。


 

発生日時

平成27年11月21日(土) 午後6時頃

発生場所

兵庫県姫路市網干沖

事故船舶

プレジャーボート(クルーザーヨット) 4人乗り

概 要

男鹿島から網干沖に向かって北上していたところ、海苔網を避けるべく帆走から機走に切り換えたが、右舷直近にブイを認め慌てて舵を左に切るも、既に海苔網区画内に入り込んでおり海苔網の枠綱に乗揚げた。

事前に海苔網の設置状況を確認し、航行中は海苔網との距離を十分に取り、しっかり見張りを行っていれば防止できる事故であった。




EDIT