文字を標準サイズにする
文字を拡大する

平成27年11月 主な人身事故事例


発生日時

平成27年11月20日(金)午後10時30分頃

発生場所

淡路市尾崎 尾崎漁港北側の防波堤

事故者

兵庫県在住 男性72歳、(ライフジャケット未着用)

概要

事故者は、単独で夜釣り中、防波堤先端から誤って海中転落し防波堤につかまり、「助けてくれ」と何度も叫んだところ、たまたまその声を聞きつけた付近住民が、同人を発見し消防に救助を要請し、救助されたもの。

事故者は、ライフジャケット未着用で、ライトも携行していなかった

夜の防波堤は暗黒の世界、ライトを携行するなど事前の準備と細心の注意が必要。

もしもに備えてライフジャケット着用は必須。

10月17日にも淡路島炬口漁港で、夜釣り中に防波堤から海中転落する死亡事故発生



 

発生日時

平成27年11月26日(木)午前7時頃(遺留品発見者の110番通報時刻)

発生場所

徳島県海陽町 浅川港湾口北防波堤(推定)

事故者

徳島県在住 男性44歳 (ライフジャケット未着用)

概要

事故者は、前日21時頃、イカ釣りに行くと家族に告げて釣りに向かった。

翌26日朝7時頃、防波堤上に釣り道具が置かれている状況を不審に思った釣り人が警察に通報。同日朝9時頃、付近海域を捜索中の巡視艇が事故者を発見し揚収するも同人はすでに死亡していた。(単独行動のため、海中転落時の状況は不明)

夜の防波堤は暗黒の世界、ライトを携行するなど事前の準備と細心の注意が必要。もしもに備えてライフジャケットを着用は必須。




EDIT