文字を標準サイズにする
文字を拡大する

平成27年10月 主な人身事故事例

 

発生日時

平成27年10月24日(土)

発生場所

淡路市尾崎 尾崎漁港北側の消波ブロック上

事故者

兵庫県在住 男性35歳、男性45歳 (ライフジャケット未着用)

概要

事故者は、消波ブロック上で、16時頃から釣りを始め、20時頃から同ブロック上が波に洗われはじめたにもかかわらず、そのまま釣りを続け、21時過ぎに帰れなくなったことから救助を求め118番通報した。

通報を受け巡視艇と消防により、ゴムボートで2人を救助。

事故者は、事前に潮の干満時間を確認の上、危険を予測し釣りを中止していれば、救助を要請するまでには至らなかった

また、ライフジャケットは常時着用しておく必要がある。

発生日時

平成27年10月17日(土)

発生場所

洲本市炬口漁港防波堤

事故者

大阪府在住 男性56歳 (ライフジャケット未着用)

概要

事故者は友人と2人で防波堤で釣りをしていたが、午前3時ころ防波堤を移動中、屈曲部で海中転落した。

友人が気付き、事故現場に行ったところ、事故者が防波堤に摑まっていたが、5分ほどすると見えなくなり、約1時間半後に消防ダイバーにより海底で発見され、死亡が確認された。

事故者は、ライフジャケットを着用していれば、防波堤に摑まり救助を待つことができた。




EDIT