文字を標準サイズにする
文字を拡大する

イベント」 記事一覧


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

 海上保安庁では船舶の安全な航海のために海図や航海暦を作成しています。 今日のGPSの普及により船舶の位置情報が容易に入手できるようになるまでは、海図の作成や船舶の安全な航海のための位置情報は、太陽や恒星の天体観測を行って、得られた情報を基に位置を決めていました。 明治4年9月12日(旧暦7月28日)に我が国の海図作成機関として、兵部省海軍部水路局が誕生して、今年で140年を迎えることから、明石市立天文科学館のご協力と第五管区海上保安本部との連携により、同館において海上保安庁で保有する貴重な天文資料の展示並びに講演会を行います。1.天文資料の展示  期間:平成23年7月16日(土)~9月11日…

 >> 続きを読む

平成23年7月16日(土)~9月11日(日)の間、明石海峡航路が一望できる明石市立天文科学館内において、「海上保安庁の天文資料展」を開催するに併せ、「第五管区海上保安本部資料コーナー」も開催し、当管区の業務紹介パネル、救命胴衣、巡視船・航空機の模型等を展示します。1 展示期間と場所○「海上保安庁の天文資料展」(別紙参照)  期間:平成23年7月16日(土)~9月11日(日)  場所:明石市立天文科学館 3階 特別展示室     (兵庫県明石市人丸町2-6 Tel 078-919-5000)○「第五管区海上保安本部資料コーナー」  期間:平成23年7月16日(土)~9月11日(日)  場所:明石…

 >> 続きを読む

カテゴリ