文字を標準サイズにする
文字を拡大する

「ひょうご安全の日のつどい」への参画について

第五管区海上保安本部では、阪神・淡路大震災の経験と教訓を忘れることなく、安全・安心な社会づくりを推進するため、ひょうご安全の日推進県民会議(会長:兵庫県知事)が主催する「ひょうご安全の日のつどい」に参画し、下記のとおりブース展示、津波災害対応訓練等を実施します。

1 実施年月日
平成24年1月17日(火)
 
 

2 実施場所
神戸市中央区脇浜海岸通1丁目 HAT神戸周辺

3 実施概要
(1)第五管区海上保安本部ブース展示【10:30 頃~15:00 頃の間】
海上保安業務パネル、震災時における海上保安庁活動パネル及び津波防災情報図の展示ブースを設け、防災啓発等を行います。また海上保安庁の制服試着及び業務紹介のパンフレットを配布し、海上保安業務の周知活動を行います。
(2)津波防災対応訓練【13:00 頃~14:00 頃の間】
防災意識の普及・向上を目的として、兵庫県及び関係機関と連携し次のとおり津波防災対応訓練を実施します。
① 海上避難広報訓練
巡視艇2隻により電光掲示板、拡声器等を使用して大津波警報等の情報を船舶や沿岸付近にいる人に対し広報します。
② 負傷者等搬送訓練
巡視艇により、負傷した被災者及び医療援助物資を想定被災地から応急救護所付近岸壁まで搬送し、岸壁で待機する消防隊員、ボランティア等に引き継ぎます。
③ 海上救助訓練
地震により岸壁から海中に転落した要救助者を巡視艇により救助します。
④ 海上消火訓練
神戸海上保安部巡視艇及び神戸市消防局消防艇により、なぎさ公園前面海域付近において展示放水を実施します。
(3)巡視艇一般公開【14:00 頃~15:00 頃の間】
訓練終了後、神戸海上保安部巡視艇しきなみの一般公開を実施します。



平成22年度の実施状況
 
第五管区海上保安本部ブース展示
第五管区海上保安本部ブース展示


海上防災訓練
海上防災訓練

巡視艇一般公開
海上防災訓練

 



EDIT